白い彼岸花の花言葉は贈り物にぴったし?迷信を信じなければね!

Pocket

彼岸花(曼珠沙華)ってきれいな花を咲かせますが

人によったは妖しい雰囲気が嫌だと言う人もいます。

でも、白い彼岸花は雰囲気もいいし花言葉もグッドです。

遠距離恋愛などをしている人には特にオススメです。


白い彼岸花の花言葉は?

花言葉っていうのは色で変わるのですね。

白い彼岸花の花言葉

想うはあなた
また会う日を楽しみに

ですから、マイナスイメージはありません
 
 
これが赤い彼岸花の花言葉

独立
情熱
再会
あきらめ
悲しい思い出

ですから、プラスとマイナスイメージが入り混じっています。
 
 
 
でも、面白いことに彼岸花の花言葉を全部を並べると

情熱
 ↓
独立
 ↓
悲しい思い出
 ↓
あきらめ
 ↓
想うはあなた一人
 ↓
また会う日を楽しみに
 ↓
再会

がんばって、失意も乗り越えて再会に至る
ひとつのストーリーになっています。

彼岸花を贈り物にしたらおかしい?

冠婚葬祭などでお花を贈るときに

彼岸花を贈ると「花言葉が不吉だ」

と嫌な顔をする人がいるでしょうか?
 
 
 
そういう人はいないとは言えませんね。

でも多くの花がいろいろな花言葉を持っています。

たとえばダリアの花言葉は「優雅」と「裏切り」があります。

ですから、贈る人がどう思って贈るかで変わります。
 
 
もし、気になるのだったら、贈る花に

「この花の花言葉には、こういう意味がありますよ」

という一言を添えればよいでしょう。
 
 
 
ちなみに、遠距離恋愛をしている女性が

白い彼岸花を贈ったときにも

その花言葉は

「想うはあなた」

で誠実な愛を誓って

「また会う日を楽しみに」

で会いたい気持ちを言って

とても良かったと思います。
 
 
そのためか、彼氏がそれからそれほど日をおかず

プロポーズをして結婚をされました。
 
 
 
彼岸花の花言葉がよいキューピットに

なってくれると嬉しいですね。


彼岸花の迷信は?不吉?毒があるって本当?

彼岸花には多くの別名がありますが、

その中で不吉だと言われる名前もあります
 
 
例えば、球根などに毒があることから

「毒花」
「痺れ花」

と言われています。

また、お彼岸のころに花が咲くことから

「死人花」
「幽霊花」
「地獄花」

などが付けられたと言われています。
 
 
 
これらは、単に名前ですから、気にせずにできるかもしれませんが

彼岸花の迷信は、けっこう嫌がれます。
 
 

彼岸花を摘むと手が腐る

これは、彼岸花が毒を持っていることから来たのでしょう。

彼岸花を家に持ち帰ると火事になる

赤い彼岸花の色が、炎を連想させたのでしょう。
 
 
 
不気味な名前も嫌な迷信も、信じなければいいのですが

信じる人は変えられませんから

そういう人には彼岸花を贈らないようにするしかないです。
 
 
 
 
でも本当に気にしなくてはいけないのは

彼岸花の根球にある「アルカロイド」というです。
 
 
昔は飢饉の時に彼岸花の球根を水で洗って食べたのです。

その毒は子供が飲めば死ぬこともある強さです。

ですから、万一のことを考えて、毒を口にしないように

注意しておくのは大切なことです。

まとめ

彼岸花という花は不名誉な名前や迷信が多いです。

それゆえ彼岸花を不気味な、不吉だ、怖いとも言われます。

でも、本当の彼岸花は独立や情熱を花言葉に持った花です。

意味もなく嫌がるのは避けたいですね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です