結婚式余興の著作権ってビデオやBGMがひっかかる?金額は?

Pocket

結婚式の余興といえば、歌を歌ったりカラオケを使いますね。

この頃は著作権が厳しくて、結婚式でも制限があるそうです。
それを知らないと、高い金額を請求されたり
使った歌が消されたりする
こともあるそうです。

結婚式に使う歌や曲と著作権の関係をまとめました。


結婚式の余興で歌ったら著作権はどうなるの?

結婚式は新郎新婦やその親族が大切ですが、
参加者にとっては、結婚式自体と同じくらい余興は楽しみです。

余興に歌って欲しいと言われたら選曲に悩んだり
『俺にも一曲歌わせろ』と親戚が言ってきたりして
困ることもあります。

しかし多くの方が忘れているのが曲には著作権があることです。

数人ぐらいの集まりなら著作権は制限されるので問題になりませんが
結婚式の場合は制限はされず、著作権が発生します。
 
 
 
では、余興で歌を歌ったりしてはいけないのでしょうか?
また、カラオケを使ってはいけないのでしょうか?
 
 
実は多くの結婚式場が既にJASRACなど管理団体と
包括契約を結んでいるから問題になりません

同様に、CDを再生して使うことも大丈夫です。
 
 
 
ただ、歌を歌ったり、曲をBGMとして流すだけでしたら
問題はないのですが
 
 

曲を編集したり
スライドや動画に曲を使ったり
披露宴をムービーにしたりすると
 
 
著作権の問題が発生します。

これを知らないで結婚式を行うと
余分なお金がかかったり
ムービーの曲がなくなったりします
 
 
 
それについては、次で説明します。

結婚式をビデオで撮ったらBGMでも著作権が問題になる!

なぜ、結婚式で使う音楽が著作権で問題になるかというと
結婚式場が結んでいる包括契約は
CD等をそのまま使うことだけ(演奏権)を対象にしているのです。
 
 
 
複数のCDから曲を選んで、BGM用のCDを作るというのは
曲を複製するわけですから、
著作権法の複製権を使う行為になります。

同様に、自分が作ったスライドや動画に使っても
曲がコピーされているわけです。
 
 
 
ですから結婚式や披露宴で流すBGMを
お気に入りの楽曲のCDを使って
再生するだけなら問題になりません。

しかし、CDを入れ替えるのが面倒ですから
BGM用にお気に入りの楽曲を集めて
一枚のCDに収録するとISUMに使用料が必要になります。

ISUMというのは結婚式・披露宴だけを対象として
著作権に関わる業務を代行する組織です。
 
 
 
自分がムービーなどを作るのは問題ありませんが
その中でシーンに合った音楽を使用したいと考えるのなら
ISUMを利用しないと、著作権違法になります。

実際には、多くの方がそれを知らないで
ムービーを作っていると思いますが

 自分が作った
 費用も自分で持っている
 お金をもらわない
 見るのは結婚式出席だけである

という条件でも、著作権違法であることは認識しましょう。
 
 
式場が著作権を正直に守っているのならば
自作したムービーを使うことは
 
音楽を入れない
 
で作るしかありません。
 
 
 
また結婚式の記録を動画として撮りますね。
それをDVDにすることもよくあります。

その中でBGMが流れていれば著作権が発生します。
余興で歌った歌も著作権の対象になります。
 
 
すなわち、そのムービーはお金を払わなければ
著作権を無視していることになります。

正直言って、個人がそれを撮り、新郎新婦に渡す
だけのことならば、実際に問題になることは
あまり考えられません。
 
 
しかし、そのDVDを大勢の方に渡すのは
避けたほうが無難です

 
 
 
一番問題になるのは、結婚式場や専門業者に
ムービーの制作を頼んだ場合です。

当然、業者の作るDVDですから上手です。
だからこそ、わざわざお金を払って作ってもらうのです。

しかし、安価な業者を選ぶと大変なことになりかねません。

ビデオを作る業者が、著作権関係の手続きもするものです。
具体的にはISUMに登録をして必要なお金を払います。
ですから、その分だけ高くなるでしょう。
 
 
 
ある結婚式であったことですが
 
 
式後に業者からDVDを届いて、それを見てびっくり

  余興で歌ったはずの歌が聞こえない!

  せっかくのBGMが消されている

こんなことが起きるのです。
その業者がISUMに登録をしていなかったのでしょう。

後からいくら文句を言っても、結婚式はやり直せません。
依頼する業者がISUMに登録してあるかを事前に確認をしましょう。


結婚式の著作権はISUMに払う金額はいくら?

結婚式の著作権はISUMに払う金額はいくら払うのか気になりますね。

そもそも著作権と著作隣接権という権利にわかれます。
著作権とは、その歌を作った作曲家や作詞家が持っています。
一方著作隣接権とは、その歌を歌う歌手やCDを作るレコード会社が持っています。

CD等を複製(コピー)するには、著作権と著作隣接権の両方から許諾が必要です。
 
 
 
ですから、その手続きも煩雑ですからISUMがあるのです。

著作権料は1曲あたり200円です。(5分以上の場合は5分ごと1曲になる)
著作隣接権料は1曲あたり2000円です。

ただし、動画(ムービー)の場合は著作権料が高くなります

著作権料は1曲あたり1分につき500円です。
 
 
 
ちなみに、曲数だけかかるわけですが、
さらにそれを10%をシステム料として必要です。

具体的には、4曲でBGM用のCDを作ると

  200円 1曲あたりの著作権料
 2,000円 1曲あたりの著作隣接権料
 2,200円 1曲あたりの合計

 8,800円 4曲で4倍が合計

 9,680円 システム料×10%で最終合計

ですから、だいたい1万円の費用がかかります。
 
 
 
ちなみに著作権は作った人が亡くなって50年たつとなくなります。
だからベートーベンの曲は著作権フリーです。

しかし、ベートーベンの曲のCDには著作隣接権があります。
著作隣接権は、原盤が作った時から50年保護されます。

まとめ

結婚式で歌を歌ったりカラオケを使うだけならば
著作権を心配する必要はありません。

しかし、自分でも業者に頼んでもCDやDVDを作るときには
著作権をちゃんと守るようにしましょうね。

ちなみにISUMのことを詳しく知りたければ、こちらをどうぞ。
http://isum.or.jp/

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です