子供の髪の毛の静電気を防ぐには?原因と対策はこれ!

Pocket

秋から冬って季節は静電気がすごくありませんか?

私なんか買い物に行っても大根もキャベツも触るたびバチッ!
車のドアをあけてもしめてもバチッ!

子供と手をつなぐとお互いバチッ!となったりして
静電気って痛いですよね。

何より子供の髪の毛の静電気が凄くて逆立っています
どうしたらこの時期でも子供の髪の毛の静電気に
悩まないで過ごせるでしょうか?


子供の髪の毛は静電気が起きやすい?

子供と一緒に買物に行くと、髪が顔にまとわり付いて
嫌なのでしょう、面倒くさそうに払っています。

冬場は静電気が起きやすいのは皆同じはずですが
子供の静電気って、どうして大人よりたまりやすいのでしょうか?
 
 
子供の髪は大人より細くて絡まりやすいですから
それだけ摩擦が大きくて静電気が多く発生するのが
ひとつの原因と言われます。

それと運動が大人に較べるとはるかにしてますね。

運動で洋服と擦れる時に静電気が起きますから
よりたくさんの静電気を発生させているのです。
 
 
 
だからといって、運動をしては駄目とは言えないですね。

それより、着る服の素材がポイントです。
化繊は水と通さないので静電気がたまりやすいですが
綿なら水分を含みますから、静電気を逃がしてくれます。

ですから素材は綿100%の服を着ると
静電気が少なくなります。
 
 
それから外出をするときは、綿の帽子をかぶせたり
綿のマフラーを巻けたりすれば
静電気をさらに防げます。

髪の毛に静電気が起こる原因は?

静電気というのは摩擦をすると起きるのです。

起きた静電気は、湿っていればそこから放電されてしまいます。

ところが、冬のように乾燥しているときは
その静電気が体にたまってしまいます。

それが、ある時に手などからピリッ!と放電されるのです。

髪の毛も、頭の皮膚や髪の毛同士と摩擦しますから
静電気が起きて、それが乾燥していれば
髪の毛にたまってしまいます。

ですから摩擦と乾燥が静電気の原因です。
 
 
 
具体的に髪の毛に静電気が起きることを説明します。

髪の水分はキューティクルの間のCMCで主に保ちます。

髪を痛むことで、CMCを減らしてしまうと
髪の毛が乾燥して、静電気が発生しやすくなります。
 
 
そして髪の毛の表面がザラザラしていると
摩擦が大きくなります。

表面がザラザラしているというのも
髪の毛が傷んでいる状態です。
 
 
 
つまり髪の毛をしっかりケアをすれば
静電気をかなり防げます

 
 
 
 
ただし、静電気は体が衣服と摩擦しても起こります。

そして静電気は、体の中ではどこにでもいけます。

ですから、子供の髪の毛が立ってしまったりするのは
その静電気が髪の毛にいたずらをしているのです。

もし、手がどこかに触ってパチッ!としたら
大部分の静電気は放電されますから
髪の毛も元に戻るわけです。
(また、すぐにたまりますが)
 
 
 
衣服は素材は綿100%がオススメですといいましたが
実は、素材の組み合わせによって違います

詳しくは静電気対策を見てください。


髪の毛の静電気対策!

子供が静電気で嫌な思いをしないようにするには
家庭内と外出した時での対策をお知らせします。

静電気対策を家庭では?

静電気を抑えるには、湿度を高くすることが先決です。

ですから、加湿器を使ってもいいし、
あるいは洗濯物を干したりして

湿度が20%以下だと静電気が発生しやすいのです。
ちなみに、気温は25度以下が発生しやすいのです。
 
 
 
それから髪の保湿もすれば、かなり静電気を防げます。

髪の毛をケアするには、リンストリートメントを使うこといいですし
スタイリング剤の中でブラッシングスプレーを使うことも効果があります。

ブラッシングスプレーはブラシ通りをよくしますが、
静電気を防いでくれることも効能でうたっています。

それから静電気防止のブラシを使うと
ピタッと止まったという方もいます

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ベス 静電気防止ブラシ トリニティー TY-800[ベス ブラシ]
価格:898円(税込、送料別) (2016/8/23時点)

ただし、効果がなかったと言う人もいます。

たぶん、静電気の貯まり方が人によって違うのです。
 
 
 
家では綿100%の衣類にすることが簡単にできることですね。

静電気を外出先でも防ぐには

服装の静電気を防止するには、単にどの素材ではなく
どの素材とどの素材を組み合わせるかが大事なのです。

何故かというと、衣類の素材はそれぞれプラスかマイナスを帯びやすい性質があります。
静電気の説明

この性質が似ている(近くにある)素材同士では
静電気が発生しにくくなります。

例えば、ポリエステルのフリースを着るのなら
その下に着るセーターを

ウール素材だと静電気が非常に起こりますが
アクリル素材だとほとんど起こりません。
 
 
ですから、外と内に着る服の素材を考えれば
静電気をかなり防げます

 
 
 
でも、いい素材の服がない時はどうしたらいいでしょうか?

そのときには、柔軟剤静電気防止スプレーを使いましょう。

どちらも、素材の静電気を起こりにくくしますから
自由に衣類をコーディネートができます。
 
 
 
さらに静電気除去キーホルダーなどを使って
金属に触るのも怖くなくなります。

またスパークノンシリコンバンドを身に着けておいたり
静電気放電シュシュを手首や髪に巻くこともオススメです。

まとめ

パチッっと嫌な静電気ですが
上にあげたような対策をすれば
それほど怖いことはなくなると信じています。

どうぞ、静電気に苦しめられない生活をしてください。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です