ハロウィン多摩センター2016は仮装してスタンプラリーに参加するには?

Pocket

多摩センターのハロウィンはたくさんの
カボチャが並んでいるのが特徴ですが、

それだけではなくハロウィンパレードなど
多くのイベントがあって子供も飽きずに楽しめるでしょう。

ハロウィンin多摩センター 2016を紹介します。


ハロウィンin多摩センター 2016は10月28日から30日です

ハロウィンin多摩センターは多摩センター駅前で行われます。

およそ30万人が集まりますから、かなり混んでいます。
10月28日(金)は前夜祭・オープニングセレモニーですから
子供を連れて行くのならば29日や30日がオススメです。
 
 
 
ジャックオーランタンは本物のカボチャで作ってあり
その数は約500個もあります。

そして夕方になればランタンになりますから
イルミネーションとして楽しめます。

ジャックオーランタンナイトは
土日とも17時頃から18時30分まで
ロウソクが灯されます。
 
 
 
パーティー列車も土日に行われます。

参加費は無料ですが、人数は1日150人だけで
多摩モノレールの立川北駅の改札前のコンコース内の
特設受付に仮装をして集まります。

10:30に受付開始して11:00に出発しますから
10:00ぐらいには並んだほうが無難です。
 
 
車内ではハロウィンの衣装を着たキティちゃんと
記念撮影をして、ミニプレゼントがもらえます。

そして、「トリック・オア・トリート」の指令書
すなわち参加カードがもらえます。
この指令書がなければ、トリック・オア・トリートが
できないのですから、貴重です。
 
 
 

他にもまちクエストやハッピーハロウィン ウエディング
カヌー体験、大道芸フェスタ、フットサルハロウィンカップ
などのイベントがあります。
 
 
もちろん仮装パレード仮装コンテストはあります。

ハロウィンin多摩センターでは仮装パレードは
当日に受付に行けば参加できます。

ただし仮装コンテストは先着50名です。

多摩センターではハロウィンの仮装をしなくちゃ!

多摩センターはサンリオが近くにありますから
サンリオのキャラクターの仮装をする人も多いですが
特に制限はありません。

制限といえば「仮装をする」ことです。
 
 
仮装をしなければ、仮装パレードや仮装コンテストに
参加できないのはとうぜんですが

スタンプラリーも仮装をしなければ、参加できません。
 
 
パーティー列車にも仮装なしでは乗れませんから
トリック・オア・トリートも指令書がもらえません。
 
 
 
つまり、多摩センターのハロウィンに仮装をしないで
子供を連れて行っても
、できることは

仮装の人を見たり、お店で買い物をすることがほとんどで
あまり自分自身のハロウィンの記憶ができないと思います。


多摩センターのハロウィンのスタンプラリーに参加するには?

多摩センターのハロウィンではスタンプラリーというのは
トリック・オア・トリートをすることです。

トリック・オア・トリートをするのに必要な指令書は、
パーティー列車に乗る以外には
仮装をしてパルテノン多摩 大階段下 受付テントで
10:00から先着2000人までがもらえます。
 
 
2000人って、どのくらいだと思います?

だいたい8:00に並ぶかどうかが分かれ目です。
つまり8:00前後で急に人が増えて
そのどこかの人で2000人になってしまうのです。

順番は大人が並んでいても、受付するのは
仮装をした子供に限られているのです。

ですから、朝食やおやつにゲーム等の暇つぶしを
持っていきましょう。

それから2時間以上も待ちますから、
歩道に座るための敷物などをオススメです。
 
 
 
トリック・オア・トリートは指令書に書いてある
トリートポイント(お店)を好きな順番で回るのです。

トリートポイントでは、もちろん合言葉
「トリック・オア・トリート」
を言います。

そうすると、お菓子などがもらえます。
そしてスタンプを押します。

トリートポイントは10個くらいありますから
けっこうお菓子やおもちゃが集まります。

ちなみにスタンプは全てを集めても何ももらえません。

まとめ

多摩センターのハロウィンは仮装をすれば
パレードには当日参加できますから
思い立ったら行ってみるのもいいですね。

ただし、トリック・オア・トリートをしようと思ったら
かなり早くから行かないと先着2000名は
あっという間にうまってしまうかもしれません。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です