ハロウィンはトリックオアトリートとジャックオーランタンで日本で定着?

Pocket

ハロウィンはテレビなどで渋谷の行列などを見ると
日本でも定着しましたと言うかたが多いですね。

本当にハロウィンは日本でも定着したのでしょうか?

中には、ハロウィンが流行るのは嫌だという声も聞きます。

ハロウィンが日本でどうなっているのかを、紹介します。


ハロウィンにはトリック・オア・トリートでお菓子がもらえる?

アメリカの子供にハロウィンのことを聞いたら
トリック・オア・トリートでお菓子がもらえるというのが
ほとんどの人の印象ではないでしょうか?

ハロウィンの夜に子供が来て「トリック・オア・トリート」
と言ったら「お菓子をくれなきゃ、いたずらをするぞ!」
という意味ですから、大人はお菓子を用意して
待っているのですね。
 
 
大人はドアを開けたら「Happy Halloween!」を言います。

後は「Here you go!」とか「Here’s your treat!」とか
言ってお菓子をあげるわけです。

もし小さな子だったら「Oh, you’re so scary!(まぁ、怖いわねぇ!)」
とか言って怖がるふりをしたりして楽しんだりします。

ハロウィンの基礎知識


 
 
日本では、まだトリック・オア・トリートが
定着しているとは思えません
ね。

ママ友同士で話して、お互いの家に
トリック・オア・トリートを言いに来る
としている場合はOKですが、

やたらと近所に行っても
「何を言ってるの?」
とお菓子はもらえないでしょう。
 
 
ちなみに、アメリカでも最近は
治安のいい郊外などならいいですが

都会ではトリック・オア・トリートをするのは
怖くてできない
とも聞いています。

ハロウィンはなぜジャック・オー・ランタンが出てくるの?

ハロウィンにはジャック・オー・ランタンという
カボチャを顔のように目や口をくりぬいて
中からロウソクで照らしているのがありますね。

ジャック・オー・ランタンはハロウィンでは
家の前の置いておき悪い霊が来ても
それが怖がって入れないようにする
のです。
 
 
ジャック・オー・ランタンの由来は

ジャックというずる賢い怠け者が、生前に悪魔に地獄へ連れて行かないように契約をさせます。

ジャックが死んで天国へ行くと拒否されてしまい、しかたなく地獄へ行っても契約があるから入れません。

天国も地獄にも行けないジャックの霊は暗黒の中を、カブをくり抜きランタンにしてさまよい続けているのです。

北欧の話がアメリカに伝わって、カブがアメリカで生産の多いカボチャに変わりました。

ジャック・オー・ランタンに使うカボチャは
大きくて、くり抜きやすいのでハロウィンに適していますが
家畜の飼料用ですので、人間が食べても美味しくありません
 
 
 
ちなみに人間も仮装をしますが、
これはジャック・オー・ランタンと同様で
悪い霊を驚かせて去らせるためにするのです。

ジャック・オー・ランタンは、ハロウィンのときの
室内装飾の一部として使われますね。

保育園や幼稚園ではハロウィンのカボチャの飾り付けが
されているのを見ることが珍しくなくなりましたね。

カボチャ=ハロウィンというイメージは定着してます
 
 
 
ただし、アメリカのように家の前に置く
というのはほとんど見たことがありませんね。

またジャック・オー・ランタンの由来も
知っている人は多くないと思います。
 
 
ですからジャック・オー・ランタンは
部分的に日本で定着した
という所でしょう。


ハロウィンが日本で定着したのは何が?

ハロウィンが日本で定着していると思う所は
先駆的に1997年にTDLがディズニー・ハロウィーンを
開催して、それから10年くらいかけて認知度を
あげたのを最初だと思います。

今では関西はUSJ、関東はTDLがハロウィンには
非常にお客様も増えていますね。
 
 
 
そしてTDLが10年続けた頃から食品会社が
ハロウィンを取り入れました。

ハロウィンのパッケージのお菓子を
江崎グリコが2006年から販売を開始して
それに続いてロッテや森永製菓なども
参入し、ハロウィンの認知度を高めました。

今ではハロウィンの商品は食べ物以外にも
仮装の衣装や化粧品なども
専門店や100均でも豊富に売られています。

ですから私達がハロウィンを楽しもうと思ったら
必要な物はかなり揃うようになりました。
 
 
 
そして渋谷を始めたとして、川崎六本木
仮装パレードなどのイベントが盛大になり
日本にもハロウィンが定着したとの印象を
持った方が多いのではないでしょうか。

元々日本はコスプレの発祥の地ですから
仮装パレードがピッタリとあい
日本独特のハロウィンになっているのです。
 
 
ハロウィンっていつ頃から普及? その経済効果は?

 
 
ただ仮装パレードに対しては

ゴミを撒き散らし、後片付けをしない人が多い
数百人の警察官など警備をして、税金の無駄使い

などの批判があるのも確かです。

少なくとも、常識をわきまえて欲しいですね。
 
 
 
あと、ママ友同士でハロウィンパーティーをする
というのが、徐々に増えていますね。

子供にハロウィンという楽しい日があったと
覚えていてもらったら嬉しいですね。

こういう草の根の動きが一番しっかりした定着に
つながると感じます。

まとめ

東京にいるとかなりハロウィンが定着したと感じることが多いですが
地方に行くと、それなりに流行っている所もありますが
まだ全然という所も多くありますね。

バレンタインのように、一大イベントとなるまで
発展するかは微妙ですね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です