読書感想文の書き方 中学年の例文:木の好きなケイトさん

Pocket

読書感想文の書き方は、夏休みによく話題になりますね。

小学校も中学年になると、低学年のように書けばよいとは
なかなかいきませんね。

でも読書感想文の書き方の基本は、小3、小4の中学年でも
変わりはありませんから、この記事を参考にして
書いてみませんか?


読書感想文の書き方を中学年なら

小3、小4の中学年の場合の読書感想文の書き方は
低学年の800字より多い1200字ですから
難しいと思うかもしれませんが
基本的には書くことは変わっていません

ただ中学年の場合は内容が濃くなっています
 
 
本も100ページくらいなら十分に読みこなし
読書感想文も一人でもかなり書けます。

とはいえ、やはり一人で書くと
内容が薄くなりがちで
構成もしっかりしたものにはならないので
親が助けてあげたほうがいいと思います。
 
 
 
中学年の読書感想文の書き方としては
次のような事を、本を読みながらでいいからメモにします。

・なぜ、この本を読むことにしたか

・登場人物はどんな人物か
 性格、特徴などを書く
 自分の感じたことも書いていい

・印象に残った場面はどこか (3箇所くらい)
 何が印象に残ったのか
 自分だったら、どうするか

・本を全部読んで、感じたことは何か?
 なぜ、そう感じたのか。

・本のテーマ(作者が言いたいこと)は何だと思うか。
 どうしてテーマをそうだと思ったのか。

もし子供がこれらのポイントを話せば
自分でメモをできる場合もありますが

無理だったら、親がこのポイントを
子供に尋ねて、メモに取るのでもいいです。
 
 
大事なのは、中学年の子供が自分で
ポイントの内容を考えて、言葉にする
ことです。
 
 
 
メモがちゃんとできたら、
後は次の3つの章を作ればいいのです。

1章 書き出し

メモの「なぜ、この本を読むことにしたか」を
具体的に言葉にすればいいのです。

例えば

この本は表紙の色が美しくて、感じが良いので見てみました。
そうしたら、中の字も大きくて、絵もきれいで
読みやすかったので、この本を読書感想文に使いました。

と100文字~200文字程度にまとめます。

「お母さんが勧めた」ということも本当なら、書いて問題はありません。
ただ、それだけでなく、「勧めたから、読んでみて・・・」
というぐらいのことは中学年ですから、書くようにしましょう。
  
 
 
2章 あらすじと感想

あらすじは、あくまで感想を書く対象の部分の説明のために書きます。

感想はメモの「登場人物」と「印象に残った場面」で
書いたことを膨らせます。

場面は1箇所でもいいですが、3箇所ぐらいあると
書きやすいです。
 
 

背が高くて、力も強いが気は弱くていつも損をしている主人公が
○○があるとき、△△のために××になってしまった。

○○が××でとても印象的だったのですが、自分だったら
そのときは△△をしたと思う。
なぜなら、××が○○のほうが、みんなが助かると思うからです。

のように、あらすじと場面を書いて、それに対しての
自分の感想を書くのです。
 
 
 
3章 まとめ

メモの「本を全部読んで、感じたこと」と「テーマ」を書きます。

「感じたこと」は、2章と似てますね。
 
 
「テーマ」が低学年では無理で、中学年だから書けるのです。
作者が何をこの本で言いたいのかを考えるのです。

別に正解がはっきりあるわけではありません。

同じ本を読んでも、ある人は「勇気」をテーマと感じ
ある人は「献身」をテーマと感じたりします。

まったく見当違いでなければ、そのまま書かせましょう。

そしてテーマについて、自分の考えを書きます
 
 
 
最後に、この本を読んで、自分が気づいたことや
自分がどう行動をとろうとするかなど

この本が与えてくれたことを書くといいですね。
 
 
 
できれば、ここまで書くのは下書きに書きましょう。

最後に、誤字脱字の修正はもちろんですが
文章もてにをはや、ます調かである調かが統一しているか
など推敲をして、完璧にしてから、
原稿用紙に書くようにするといいですよ。

読書感想文の例文 中学年用「木の好きなケイトさん」

「木のすきなケイトさん―砂漠を緑の町にかえたある女のひとのおはなし」という本の名前は「木のすきなケイトさん」というのはわかりますが、「砂漠を緑の町にかえた」とはまるで魔女が何かの話かと思いました。しかし、この本の話は作り話ではなく、本当にあった話だと聞いて、どんなことをしたのかととてもふしぎですからしりたくなりましたので、私はこの本を読書感想文に使いました。

ほとんどの女性は大学を出て学者にならなかったのですが、ケイトさんはそんなことに負けずにしっかり勉強をして、とうとうその大学で初めの女性の科学者になりました。今でも女性が科学者になるというと、「えーっ、ウソッ」と思われてしまうことがありますから、その時代ではさぞかしいろいろとていこうがあって、たいへんだっとと思います。もし私がケイトさんと同じ時代にうまれていたら、きっと科学者になろうとは考えもしなかったと思います。

それだけでも私には思いもしなかったケイトさんの行動ですが、もっとびっくりするのは彼女が砂漠を緑の町にかえたことです。大学を出て働いた所は南カリフォルニアのサンディエゴという町で、町にはケイトさんが大好きだった森がなく、あるのは砂漠だったのです。ケイトさんは砂漠の町なんて嫌だったから、町に森を作ろと考えたのです。ふつうの木を植えても砂漠ではかれてしまいますから、彼女は砂漠でもそだつ木をさがしたのです。

ケイトさんは砂漠にいい木を何年もさがして、世界中の園芸家にも手紙を書いて砂漠でもそだつ木の種を送ってもらいました。そしてその種を町にどんどんうえていきました。彼女があきらめないで、それを続けていたら、ついに町には森ができて、サンディエゴは緑の町になったのです。ケイトさんが、みんなが砂漠に木をうえたってむだだと言っても、そんな人の言うことに耳をかたむけないで、木をうえていったから森ができたのですが、それは大学で科学者になったので同じように、自分が正しいと思ったことをしたら、ねばり強くあきらめないで、努力をすることでできたのです。

私が科学者になろうともしなかったと同じように、たぶん森を作ろうと考えることさえしなかったと思います。それは大勢の人が言っていることならば、それが正しいと思ってしまうからです。

でも、本当に人の言うことが正しいこともあるでしょうけれど、自分が好きで、ぜひやりたいと思うことだったら、人が反対だと言っても、すぐにあきらめないで、本当に人の言うように止めたほうがいいのかどうかを、よく調べて確かめることが大切だと思います。これから、自分が大事だと思うことは、人の意見を聞くことはあっても、自分でしっかり調べてからどうするかを決めるようにしたいと思います。そうしないと、後でやらなかったことをこうかいすることになると思います。

課題図書読書感想文の書き方 中学年の例「木のすきなケイトさん」も別の例が載っています。


木の好きなケイトさんを読んでの感想文

木の好きなケイトさんを読んで子供が書いた読書感想文は、上に(少し変えてありますが)載せましたが、この本は私も感想を書きたいと思います。

それはわずか15ページで中も絵本に近い内容の本でありながら、書いてある話がとても感動的なので、それをちょっと話したいのです。
 
 
たぶん、子供の読書感想文を手伝いをされているママあるいはパパには
興味がないかもしれないので、その場合はどうぞ無視してください
 
 
 
私がとても感心したのは、砂漠の町を緑の町に変えたことです。

今、地球は砂漠化が進展しています。

その速さは、年に6万平方キロメートルといいますから
九州より大きい土地が、毎年砂漠になっているのです。
 
 
その原因はいろいろあると言われていますが
人口増加と森林伐採などの人間が引き起こしている
部分も少なくならずあるはずです。

このままでは、ほとんどの陸地が砂漠化してしまうのでは
と恐れていました。
 
 
でもケイトさんのやったように、人間がその気になれば
砂漠化でなく、砂漠を森林化も可能なのです。

そういう希望を、わずか15ページの絵本が教えてくれました。

他にも、人間がこの住んでいる地球を汚し、住みにくくすることを
していますが、それもケイトさんのような
正しい心を持っていけば、きっと解決ができると感じました。

「木のすきなケイトさん」ありがとうございました。

まとめ

読書感想文の書き方の中学年用の記事はいかがでしたか?

「木のすきなケイトさん」で読書感想文の例を書きましたから
参考にして、あなたの読書感想文を完成してください。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です