卒業式にストッキングをベージュでなく黒は?ラメ入りストッキングは?

Pocket

卒業式に出る母親の服装はフォーマルなものですが
ストッキングがベージュというのは本当でしょうか?

Gパンやミニ・スカートの方もいられるみたいだけど
どんな服装が常識をわきまえていると思われるでしょうか?


卒業式のストッキングはベージュが無難でしょうか?

卒業式というのはお祝いの学校行事ですが、
同時に卒業証書を授与する厳粛な式典です。

ですから服装はとうぜんフォーマルで黒を基本になります。

しかしストッキングまで黒で統一してしまうと
黒っぽいスーツやバッグに黒いストッキングで
葬式で使う喪服になってしまいますから、
ナチュラルカラーのストッキングで肌色・ベージュが無難なのです。
 
 
厳密にベージュというわけではなく、シルクベージュや肌色
あるいは黄色の淡い明るい色のクリーム色でも
ナチュラルカラーと言えます。

ちなみにベージュのストッキングというのは
結婚式の時はかならず使いますね。(^o^)/
 
 
ただしベージュのストッキングでは寒いと言われるのなら
タイツを履くか、パンツスーツにスパッツという手もあります。

卒業式にストッキングを黒を履けるのは?

インターネットで調べても卒業式のストッキングは
ベージュが常識だマナーだと言われます。

しかし実際に卒業式に出た方に聞いてみましたら
ベージュではない事が、しばしばあるのです。

つまり卒業式にはストッキングはベージュという固定観念は
やや薄らいでいますから、ベージュ以外も見られるのです。

もちろん中にはミニ・スカートや普段着で来られる方もいますが、
あくまで常識をわきまえているという中で考えてみます。
 
 
私もある卒業式にベージュのストッキングで出たら
寒い日で黒のストッキングの方が大勢いて
ベージュは見た目にも寒そうな印象になってしまって
黒にすればよかったと後悔をしました。
 
 
またある地方では入学式は色とりどりの服でオシャレを楽しんでいますが
卒業式は、地域のしきたりから礼服を着て厳粛に行うということで
ストッキングも全員が黒で、葬儀みたいな服装でした。
 
 
ですから、卒業式はベージュというのは一般的な話はそうなっていますが
現実は、あなたが出る卒業式がどうなのかが大事です。

公立学校の卒業式に出たことがないのでしたら
もし近所の方が、それも複数の人が「ベージュがいいよ」と言うのなら
それがその場所の常識として、従うのが無難です

でも、その意見が遠くにいる親戚などの意見だったら一応話は聞いても
大事なのは、当たり前のことですがその卒業式でどうだったかです。

多くの公立学校の場合は、ミニ・スカートや短パンの人もいますから
周りの人に聞いても、強くベージュを勧めるという声がなければ
黒でも問題になることは少ないと思います

 
 
 
一方私立学校の卒業式ですと、自分の近所の方に聞いてもだめですから
その学校を最近卒業した子供がいる母親がいれば
そういう人に聞けば、「大半がベージュだったか、どうか」を聞けます。

ちなみに、その卒業式に最近出たことのある人がいない場合に
黒のストッキングを履いて出たいと思ったら

 ブローチやコサージュなどを付けて、喪服ではないことを強調する
 バッグも色物にする
 ネックレスも華やかな者にする
 肌が透ける薄目の黒のストッキングにする

ということをすれば、浮いてしまうリスクはそれほど高くないと思います。


卒業式にラメ入りストッキングはどうでしょうか?

では黒以外の色のストッキングはどうなのでしょうか?

ストッキングのグレーは多くの服装に合うと思います。

ベージュがストッキングの色という風潮が薄れているのならば、
ベージュ以外の色も、それに合った服装を着れば
それはそれでいいと思います。

ですから、卒業式ではまだ気温がまちまちですから、
当日の気温で決めたら無難かと思います。
 
 
 
ただラメ入りストッキングというと、微妙ですね。

やはり卒業式はお祝いですが、厳粛な式典であることは
今も昔も変わりません。

その卒業式にあまりに華やかなストッキングを履いた母親とは
卒業する学生自身の式典であることを忘れて
母親のための式典かのように着飾るのはどうかと思います。

あくまで、母親は控え目な服装を心がけるべきでしょう
 
 
ちなみに、卒業する女子大学生自身であれば
華やかな服装もふさわしいと言えるので
ラメ入りストッキングもよろしいでしょうね。

まとめ

卒業式は子供を育てた母親とすれば
これまでの苦労が一段落がついたと感動でしょう。

せっかくの厳粛な式典の卒業式には
母親としても精いっぱいのオシャレをして行きたいですね。

ストッキングがベージュと必ずしも決まっているわけではありません。
服装や持ち物やアクセサリー全部でかもす雰囲気が
卒業式にふさわしければ、黒のストッキングもおかしくはありません。

とはいえ、あなたの出る卒業式の大半の人の服装がその場の常識です。
その常識には逆らうことは、賢いとはいいませんね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です