カーボンヒーターとグラファイトヒーター違い 比較でおすすめは?

Pocket

カーボンヒーターがハロゲンヒーターより
いい暖房器具だとは知っていました。

でも、この頃みるグラファイトヒーターというのは
カーボンヒーターとどちらがいい
のかな?

そんなことを調べてみました。

あなたのヒーター選びの役に立つと期待しています。


グラファイトヒーターとカーボンヒーターの違いは何?

カーボンヒーターはよく知っているけど、
グラファイトヒーターは似ているけど
何が違うのでしょうか?
 
 
 
実はグラファイトヒーターもカーボンヒーターの一種です。

どちらも発熱体にカーボン(炭素)を使っています。

ただグラファイトヒーターは黒鉛を使い
カーボンヒーターは炭素繊維を使っています。
 
 
 
だからメーカーによってはカーボンヒーターとして
グラファイトヒーターを売っている会社もあります。

そもそもカーボンヒーターとはどんなヒーター?

大きく暖房器具は4つに分けられます。

1)エアコンやファンヒーターにように
温風を送って部屋全体を暖かめる

2)オイルヒーターのように暖房器具自体を
暖かくして、それで部屋全体を暖かめる

3)電気ストーブのように遠赤外線を放射して
それを当たったものが暖かめられる

4)コタツや電気毛布のように暖房器具に
人が接して暖かめる
 
 
 
カーボンヒーターとは3番目の遠赤外線ヒーターで
発熱体にカーボン(炭素化合物)を用いているので
カーボンヒーターと名付けられました。

似た製品でハロゲンヒーターがありますが
ハロゲンよりカーボンの方が
効率的に遠赤外線を放射できるので

今ではほとんどがカーボンヒーターに変わりました。
 
 
 
カーボンヒーターは値段も5,000円くらいあり
ほんの数秒でヒーターは熱くなりますから
寒い時に嬉しいヒーター
です。

その代わり、暖めるのはカーボンヒーターが
遠赤外線を出して照らしているところだけです。

ですから、部屋を暖めるのは不得手です。


カーボンヒーターとグラファイトヒーターを比較すると?

カーボンヒーターが先に作られていましたから

後から発売されたグラファイトヒーターは
カーボンヒーターの欠点を補うことを
考えられています。
 
 
 
具体的には

1)カーボンヒーターは熱くなるのが
エアコンなどに較べれば早いのですが
それでも数秒間がかかります。

ところがグラファイトヒーターは
約0.2秒でヒーターは非常に熱くなります

わずか、数秒間でも寒い時には
早いほうが嬉しいですね。
 
 
 
2)カーボンヒーターはハロゲンヒーターより
遠赤外線が同じW(ワット)なら約2倍も
放射されますから、同じ電力なら暖かいし
同じ暖かさなら少ない電力で足ります。

グラファイトヒーターは、その発熱体は
カーボンヒーターよりさらに20%効率がいいのです。

ですから、例えば70cm離れた人が
20度Cだったのが30度Cになるのに

カーボンヒーターなら37秒かかるのが
グラファイトヒーターなら30秒で済む
のです。
 
 
 
また同じ暖かさを求めるのだったら
カーボンヒーターなら600Wなら
グラファイトヒーターなら500Wで済みます。

ですから、電気代が節約できますね。

ヒーターのおすすめはどっちでしょうか?

カーボンヒーターとグラファイトヒーターと
どちらが優れているかと言われれば

グラファイトヒーターに軍配が上がります
 
 
グラファイトヒーターはカーボンヒーターと
同じカーボン(炭素)を使った遠赤外線ヒーターですが
グラファイトヒーターが上位機種と言えるのです。
 
 
 
ただし、どちらがおすすめかと言うと

上位機種のグラファイトヒーターは
少しだけ価格が高めになります。
 
 
 
ハロゲンヒーターとカーボンヒーターのように
2倍も効率が違えば、誰でも気がつきますが

カーボンヒーターとグラファイトヒーターの違いは
20%ですから、微妙な違いです。

私は正直いって、その違いが実感できませんでした。w
 
 
グラファイトヒーターの方が新しい商品ですから
機種の種類はカーボンヒーターより少ないです。

ですから、発熱体が縦だけでなく、横やスクエア型など
バリエーションがあるのはカーボンヒーターですから

選ぶ楽しみがあると言えます。
 
 
 
電気代が少なくなればとうぜんわかりますが

電気代はダイレクトに消費電力(ワット数)に比例します

ですから、500Wのカーボンヒーターと
500Wのグラファイトヒーターは
電気代は等しいです。

もし500Wのカーボンヒーターでちょうどいいのなら
グラファイトヒーターだとちょっと暑いかもしれません。
 
 
 
ですから、グラファイトヒーターでもW数が固定だと
あまりよろしくない可能性があります。

できれば3段か4段に調整ができるのがいいです。
もし、無段階調整ができれば一番いいです。
 
 
 
 
結論として、どちらがおすすめかと言うと

  基本的にはグラファイトヒーターをおすすめします

ただし、W数が調整ができることが大事です。
 
 
 
また、カーボンヒーターとグラファイトヒーターに
差はそれほど大きくないので

見た目や付いている機能や値段で選んだ結果が
カーボンヒーターだとしたら

それでも問題はないと思います。

まとめ

今回は比較では、基本的な機能の面では
同じカーボンを使った遠赤外線ヒーターとして

上位機種であるグラファイトヒーターが
優れていると言えますが、
 
 
実際には、それほど大きな差はないので
カーボンヒーターでもかまわないという
結論になりました。
 
 
 
迷いますか?
 
 
どちらでも大丈夫です、と言っているのです。
 
 
 
ただし、そもそも用途を間違えて

部屋を暖めるなどに使うのでなければ
ということは知っておいてくださいね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です