お彼岸のお墓参りのマナーは?お供え物はどうする?雑草に除草剤を?

Pocket

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように

気候も和らいで
お墓参りもしやすい時期です。

お彼岸のお墓参りをする方が多いですが
マナーをきちんと守ってしなければ

せっかくの行為がアダになりかねません。
 
 
よいお墓参りをするために必要な知識
ご紹介します。


お墓参りに関連記事

お墓参りの服装は?時間は朝がいい?持ち物は何を?
お墓参りの掃除をするには?掃除道具は何?掃除の仕方は?
お墓参りの手順は?参りの仕方はどうやる?お参りの順番は?

お彼岸にお墓参りをする際のマナーは?

お彼岸にお墓参りをする際のマナーって
ご存じですか?
 
 
 
服装は関連記事にあるように、

特別な時以外は自由ですし
時間も朝と決まっているわけではありません。
 
 
 
お墓参りの最初に
お墓を掃除をすると思いますが

掃除用具を忘れないことは常識としても
掃除の仕方が案外当然と思うことが
間違っていることがあります

掃除の関連記事を参照してください。
 
 
 
お参りをする時は

お供えを正しく供え
合掌礼拝をして
後始末をきちんとする

ためにお参りについての関連記事を見てください。
 
 
 
ちなみに、秋のお彼岸に

彼岸花をお花として使わないのは
花が赤い血の色ですから

仏様に失礼にあたり、マナー違反になるからです。
 
 
同様にトゲのある花も

血が出るので使いません。
 
 
 
お墓参りをしながら
お寺へ不祝儀袋で差し出す場合ですが

表書きには”御布施”と書けば便利です。
 
 
御布施は何でも使えますが、他には
 
 
御香典御香料もいいですが

お香代やお花代やロウソク代という
御供えの意味です。
 
 
御付届というのは

いわゆるお中元、お歳暮です。
 
 
御本尊前というのは

御本尊へのお供えという意味で
香華、燈明の代ということです。

お彼岸のお墓参りのお供え物はどうする?

お墓参りにお供え物を持っていきますが

お花はいいとして、食べ物や飲み物は
そのままお墓に残すのはマナー違反で
終わったら持って帰ります
 
 
お供えを持って帰ってから
捨てては申し訳ありませんから
食べさせてもらいます。
 
 
ではお供えをする時は封を開けないでするのでしょうか?
 
 
そもそもお供えをするということは

その食べ物や飲み物を
ご先祖様に召し上がってもらうために
お供えをするのですね。
 
 
 
ですから、ご先祖様が

食べやすく、飲みやすくしてあげるのが
お供えをあげる時のマナーです

ご飯をお供えするのであれば箸をつける
食べ物や飲み物は封を切ってお供えする

そして「どうぞ皆様で召し上がってくださいね」と
一言を添えてあげるのが親切ではないでしょうか?

お供えをするのも、墓石に直にでは失礼ですから
半紙や懐紙などを置いて、供えるのがいいですね。
 
 
 
 
ちなみに、水は墓石にかけるのが供養になりますから
問題はありませんが、

ご先祖様が大好きだったからと
お酒をかけることは
墓石を痛めるのでやめたほうがいいです。


お墓参りで雑草を刈ったり、抜くのって大変ですが、除草剤は駄目?

お墓参りをすると、お墓に雑草が茂っていることがありますよね。

雑草をキレイに除きたいと思いますが、
量が多いと雑草を1本ずつ抜くのってけっこう大変です。
 
 
草を除くのに除草剤がありますよね。

お墓に除草剤を使うのって、いけないのでしょうか?
 
 
 
お寺に聞いてみたら

お墓に除草剤を撒いて雑草を除くのは、
お寺でもやっているそうですから
マナーに違反することはないそうです。
 
 
 
ただ、素人が勝手に除草剤を撒くと

除草剤を雑草だけでなく
植えてある樹木まで撒いて

枯らしてしまうことがあるので
気をつけてください。
 
 
また墓石などの石材にも除草剤をかけると
場合によっては表面が

ザラザラになってしまうこともあります。
 
 
 
除草剤を撒いて、そういう心配をするよりも、

少し時間をかけても
雑草が生えているのを自分で手で抜いていく

ご先祖様と語り合ったりして
ご先祖様が喜んでいるのを
感じられていいと思います。

まとめ

お彼岸にお墓参りをすることで
マナーを守ることも大切ですが

何より、ご先祖様を偲んで、心で語り合うことが
自分の日頃の生活を振り返って

新しい日を感謝を持って迎えることが
素晴らしいことだと感じます。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です