お彼岸とは?時期は2016年は?おはぎとぼた餅をお供えするの?

Pocket

お彼岸にお墓参りをして、
ご先祖様に感謝するのは日本の伝統ですが

意外とお彼岸って何?
いつからいつまでなのと聞かれると

よくわからない人が多いです。
 
 
なぜか、お彼岸の期間は毎年同じではないのです。

では、お彼岸の時期はいつなのか
などをご紹介します。


お彼岸とはと聞かれたらなんと言えばいい?

お彼岸というのは仏教の言葉の
此岸彼岸から来ています。

此岸とはこちらの岸、煩悩に迷い苦しむ現世
彼岸とはあちらの岸、悟りを開いた世界です。
 
 
お彼岸とは、その世界に達したいという
気持ちから、此岸から彼岸に到達しやすい日

それが春分の日秋分の日のだから
その1週間にお墓参りをして
先祖を供養することをいうのです。
 
 
 
ですから子供から
「なぜ、お彼岸をするの?」
と聞かれたら

お父さんやお母さんがいるから
お前たちがいるのだろう?

同じように
お父さんもお母さんも
そのお父さんやお母さんがいるから
生まれたのだよ。

そういう先祖がいるから今の私達もいるのだよ。

だから、先祖に感謝をし
みんなが成仏をしてもらえるように
お参りをするのだよ。

というような事を言ってあげればいいと思います。

お彼岸の時期は2016年はいつ?2017年以後は?

お彼岸の日って、いつなのかはっきりしない
と言う人もいます。

でも、本当はお彼岸の期間は決まっています

お彼岸の中日は春分の日と秋分の日です

そしてお彼岸の期間は、中日の前後3日間です。
 
 
 
毎年動くのは、お彼岸の日ではなく
春分の日と秋分の日です。

2016年から2017年、2018年、2019年までの
お彼岸の時期は以下のとおりです。

年代 区分 彼岸の入り 中日
春分の日・秋分の日
彼岸の明け
2016年
(平成28年)
春彼岸 3月17日(木) 3月20日(日) 3月23日(水)
秋彼岸 9月19日(月) 9月22日(木) 9月25日(日)
2017年
(平成29年)
春彼岸 3月17日(金) 3月20日(月) 3月23日(木)
秋彼岸 9月20日(水) 9月23日(土) 9月26日(火)
2018年
(平成30年)
春彼岸 3月18日(日) 3月21日(水) 3月24日(土)
秋彼岸 9月20日(木) 9月23日(日) 9月26日(水)
2019年
(平成31年)
春彼岸 3月18日(月) 3月21日(木) 3月24日(日)
秋彼岸 9月20日(金) 9月23日(月) 9月26日(木)

お墓参りをするのは
お彼岸の時期の一週間のうちの
どの日にしてもいいのです。
 
 
 
お墓参りに持っていくものは以下のようになります。

数珠

お供物

お花

マッチかライター

お線香

ちなみに、数珠だけを持っていって
お供物とお花を途中で買い、
お線香はお寺で購入して
火をつけてもらうことも可能です。


お彼岸にはおはぎやぼた餅をお供えするの?

お彼岸には、家に仏壇があるのならば
仏壇を掃除して
お花や団子をお供えします。

それに忘れてはいけないのは
春にはぼた餅を、秋にはおはぎ
お供えするのが常識です。
 
 
ちなみに、ぼた餅とおはぎとは
もち米とうるち米を混ぜて炊き、
つぶして小豆あんで包んだ
同じ物です。

ぼた餅とは春は牡丹の季節
おはぎとは秋は萩の季節
に食べることから言われます。
 
 
 
昔は甘いものはあまりなく
ぼたもちはご馳走でしたから
大切なお客様に出したものです。

ですから大事なご先祖様にもおはぎを供えたわけです。
 
 
 
お墓参りにもおはぎを持っていってもいいですが
食べ物や飲み物は残すと
犬などが食い散らかして迷惑になりますから
持ち帰るようにしましょう。
 
 
 
お寺では、お彼岸の期間には
お彼岸法要や施餓鬼法要が
行われることも多いです。

お墓参りをするのなら
法要に参加するのもいいでしょう。

まとめ

お彼岸を契機として
久しぶりのお墓参りをする方もいるでしょう。

なかなか毎年の春と秋にお墓参りを
することは難しいのが現代人です。
 
 
もし、今年のお彼岸にお墓参りをできたら、
ご先祖様にご無沙汰をお詫びしつつ
感謝を思い、心のなかで会話を
してみてはいかがでしょうか。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です