七五三お参りは何日にする?早生まれはいつする?写真はいつ撮る?

Pocket

七五三は、日本人だから神社にお参りするのは気持ちいいですね。

でも正月の初参りのようにすごい混雑で何時間も並ぶだったら、子供が泣き出したりしたらどうしようと心配になります。

せっかくの七五三の行事を、楽しく過ごしたいを思って調べました。


七五三のお参りは何日に行くのがいいの?

七五三で神社にお参りをするのは、正式には毎年11月15日が七五三の日です。

ですから、しきたりに従って11月15日にお参りするのは問題はありませんが、とうぜん多くの人が参拝しますから、神社が混雑します。

あるいは、会社の休みということで、その前後の土日も選ぶ人も多いですから、やはり参拝するだけでも、長い列を並ぶことになります。

まして、祝詞を上げてもらいお祓いを受けるとなったら、子供の我慢強さに期待をできなければ難しいです。
 
 
 
いくら神様との行事でも、子供は日頃慣れていない正装を着て、何時間もおとなしくするのはたいへんなことです。

ですから、会社が休めるのならば、平日の方が混雑は緩和されますが、それでも大安の日は多くの人が狙います。

ちなみに、10月と11月の大安の日は以下のとおりです。
カレンダー
しかし大安を選ぶ気持ちはわかりますが、大安をいい日と思うのなら、実は先勝は午前先負は午後が吉の日です。

また友引も、幸せのお裾分けの意味から吉の日です。ただし、昼が凶と言われるので、朝早い時間か夕方がいいです。

また赤口昼間(11:00~13:00)だけは吉の日です。

ですから、大安以外の、それも平日を選べば、吉の日にお参りができますから、どうですか?
 
 
 
私の友達の中には、六曜を信じないと言って仏滅を選ぶ人もいます。

それも一理はあると思いますが、夫婦はよくても、祖父や祖母がお日和を気にすることは多いですから、よく相談をして日を選ぶことをオススメします。

早生まれだったら七五三はいつする?数え年が正式?

ところで、日本古来の行事を行う時は年齢は満でなく数え年が正式です。

だから、

三歳   平成26年生まれの女の子(と男の子)

五歳   平成24年生まれの男の子

七歳   平成22年生まれの女の子

にするのです。

満年齢でしたら、1年早い年に生まれた子供です。
 
 
 
最近の東京などではすべてを満年齢でするのが多くなっています

地方でも徐々に満年齢が増えてきているようです。

どちらでしても行事としては問題はないのですが、祖父母や義祖父母にも祝ってもらう場合には、彼らの考えも聞いておいた方が無難です。
 
 
 
私の経験では数えで三歳で七五三をするのは早過ぎると思います。

写真を見ても、まだ子供というより、いかにも幼児で、何もまだわかっていない感じです。

特に12月生まれだと、翌年1月1日にはもう数えで2歳ですから、その翌年の11月15日ではまだ1歳と11ヶ月で七五三をすることになります。
 
 
 
近所に同じ学年の子供がいる場合は、同じ年に七五三をすることが多いですね。

でも早生まれの子の場合は、多くの友達が満年齢になっているのに、まだなっていないことを子供は気にしないでしょうが、親としては「自分の子供だけが幼い」と気になることもありますね。

その場合は、無理してそこまで隣近所に合わせる必要もないのかと思います。

ただ、早生まれでも同学年の人と一緒にと言う子供が女の子の場合は多いですから、子供の意見を聞いてみた方がいいですね。


早生まれなら七五三の写真は後撮りがオススメです!

七五三のお参りを正装でするとしたら、写真もしっかり写真屋やフォトスタジオで撮っておきたいと思いますね。

でも、3歳や5歳の子供にすれば、慣れない着物を着て動きは自由でないし、神社は混雑をして疲れますから、お参りを無事にすれば上出来です。

それに加えて、写真撮影で1時間も2時間も使ったら、機嫌は悪くなるにはとうぜんです。
 
 
 
ですから、七五三の正装の写真撮影は別の日にすれば、スタジオも混んでいないし、料金も割引きや特典があったりしますから、そうすることをオススメします。
 
 
ただ早生まれの子供が同学年と一緒に七五三を祝った場合は、写真撮影を前撮りでするよりも、反対に翌年に撮る後撮りにした方がいいと思います。

3歳や5歳だと、誕生日の前後の数ヶ月でも、身長も高くなり、男の子は精悍な顔つきになり、女の子は自分でオシャレを気にするようになります。

例えば誕生日に記念撮影をするなんて、子供も七五三をしっかり覚えていてくれるのではないしょうか。

まとめ

七五三は子供の成長を祝う日でもあります。

神社にお参りをするのもいいですが、子供にとっては訳はわからない可能性が高いです。

でも、子供が嬉しい楽しい思い出になれば、親にもいい日になりますね。

どうぞ、家族みんなが笑顔で過ごせる七五三になることを祈っています。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です