ポスティングのバイトのメリットとデメリットは?未払いなんてない?

Pocket

ポスティングってバイトは、自分の好きな時にできるし、やり方も簡単で覚えることもほとんどないやりやすいバイトだと思いませんか?

でも実はメリットやデメリットがいろいろあって、案外おすすめではないかもしれない。

経験者にメリットやデメリットを聞けば、本当にどういうバイトかわかると思います。


ポスティングのバイトのメリットは?

ポスティングというバイトをやっている人にメリットを聞くと、多くの人が「気楽にできる」というのをあげます。

気楽にできるとは、基本的には1人でする仕事ですし、面倒くさい人間関係がほとんどないからできるバイトだということです。

また働く日時も、ほぼ自分で決めればいいので助かります。
 
 
 
気楽ということにもつながりますが、する仕事はある意味で単純作業で、あまり頭を使わなくてできます。

未経験者でも、最速その日から働けるのがポスティングです
 
 
 
歩いてビラを配る仕事ですから、万歩計でもつければわかりますが、たくさん運動をします。

歩くという運動は、ほとんど害がなく、益の多い運動ですし、ダイエットという嬉しいおまけもついてきます。
 
 
 
時給は、回る地域などにかなり左右されますが、それなりに高いです。

少なくとも月に1万円や2万円を稼ぐくらいなら、大したことはしなくてもポスティングで稼げます。
 
 
 
私は特にすすめるのは、定年退職した60歳代の方のお小遣い稼ぎには最高だと思います。

はっきり言って、コンビニやスーパーのレジなどでは、まず年齢で雇ってもらえないことが多いですし、実際に仕事をしてみると、覚えることが多いので戸惑います。

例えばコンビニなら、料金の振込をどうやるのかとか品物がどこにあるかをだいたい知っているとかは、若い人達は当たり前のようにこなしますが、これまでまったくしてこなかった初老の人に簡単にできるでしょうか?

その点、ポスティングなら覚えることははるかに少ないです。

そして、作業も人より遅くても、報酬が減るだけで、文句は言われないポスティング会社はいくつもあります。(中には、ノルマがあったりする会社もありますが)

 
 
 
ただし、メリットをあげているのは、主に月収1万円~3万円の人に当てはまることで、多くても5万円ですね。

月収10万円とかそれ以上もポスティングで稼ぐことは可能なのですが、その人達と3万円以下の人達とはまったく違う人種のようです。

多く稼ぐ方は、歩くのではなくバイクを使ったりして、週に5日以上をほぼフルタイムで働き、チラシを数十キロも配ったりします。
 
 
この記事は、まだポスティングをしていない、あるいはちょっとしている人に対して、ある程度経験のある者がアドバイスを与えられたらと思って書いています。

ですから、月収10万円以上の人には当てはまらないこともいくつかあります。

ポスティングのバイトのデメリットは?

じゃあポスティングのバイトにはデメリットは何があるのかって思いますよね。

まず配るチラシの重さを考えなければなりません。

100枚のチラシなら誰でも持てるでしょうが、2000枚というと半端ではありません。
月収2万円の人なら、1枚3円のチラシなら、7000枚弱を配ります。

週に2回配るのなら1回に1000枚弱ですから、ある程度重いです
ただ、だんだんと軽くなるのが救いです。
 
 
そしてポスティングにもある程度はノルマというか配布期限があります

場合によってはかなりきついスケジュールのポスティングもありますが、
月収3万円以下の人の場合は、普通1週間程度の間に配るようになります。
 
 
 
それと夏の暑さは厳しい場所が多いと思います。

帽子をかぶったり、冷却グッズを使ったりして暑さを凌がなくてはなりません。
熱中症などになったら大変ですが、会社は何もしてくれません。
 
 
それと雨もデメリットになります。

スケジュールに余裕があればいいですが、もし配布期限が迫っていたら、雨の中でもポスティングはしなくてはなりません
 
 
 
最近のマンションの場合はチラシの配布を禁止している所が増えています。

そのマンションに、管理人の目を盗んで配ることをする場合は、見つからないかと心配するプレッシャーに、実際に見つかった時に小言をもらう辛さがデメリットと言えます。

小言どころでなく、罵倒で傷づける人もいますから、非常に凹むと言う方もいます。


ポスティングで給料を未払いにするなんてない?

ポスティングで給料を未払いにするということは、なくはないです。

そもそも1000枚のチラシを900枚配って、疲れたからといって900枚の分の給料をもらいたいと言っても、まだ仕事が完了していないから払ってくれません。
 
 
 
だいたい残った100枚のチラシを、期限までに配らないと仕事を守らなかったことですから、最悪の場合には賠償請求になることも考えられます。

期限までに配れないとわかった時点で会社に連絡をすれば、賠償請求はないでしょうが、そのまま黙っていたり、嘘の報告をしたりすると大変です。

もしチラシが予定数が期日までに配られていないことを広告主が知ったら、広告主はポスティング会社に賠償請求をすることは充分にあります。

そうしたら、その賠償請求はバイトの人に来るわけです。
 
 
 
また中には悪徳業者もポスティング会社にもいます。

1日にチラシを4000枚も渡して、それをその日に配るように指示をします。

できなければ、翌日中には配れと言い、それをやっと配ると、「今回の給料は配布期限を過ぎたから払わない」と言うのです。
 
 
 
他にも、1ヶ月、2ヶ月働いても給料未払いなんて完全にブラックな企業もあります。

これはもちろん、本来は払うべきで、労働基準監督署に訴えて払ってもらうのですが、何しろブラック企業ですから、もしかしたらヤクザが出てくるかもしれないと思うと、泣き寝入りするしかありませんでした。
 
 
 
住友不動産販売は、あまりよくない評判もありますが、やはり大きな会社ですから、法律的にやばいことはあまりしないようです。

一戸建てだけの配布のチラシの単価が5円ですから、悪くはなくて、ノルマもきつくなかったです。

友達は、そのノルマも果たせなくて、連絡もしないということをしまして、賠償請求でもされるかとびくびくしていました。

でも、その後連絡をしたら、契約はもちろん解除されましたが、それまでの給料を未払いのままにするかと思ったら、ちゃんと振り込んでくれました

友達も、自分が悪くて首になったから、給料も没収されるかと思っていましたから、驚いていました。

あー、こういう所はきちんとしているのだなあと妙に感心をしました。

まとめ

ポスティングというバイトのメリットとデメリットはわかりましたか?

私は、主婦などが2万円~3万円の小遣い稼ぎにはポスティングは向いていると思いますし、定年退職後の人が健康と少しのお金のためにするのもいいと思います。

それでもデメリットはありますから、気をつけるのはいいですが、一度トライをしてみるのもいいと思います。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です