ポスティングのバイトの面接は?やり方は?チラシはどのくらい?

Pocket

ポスティングのバイトをする際に面接で聞かれることって何でしょうか?

それとどんなことを話してもらえるのでしょうか?

ポスティングとは特別なバイトでしょうか、それとも別に難しいことのないバイトでしょうか。

実際にポスティングのバイトをやって経験をまとめましたので、参考にしてください。


ポスティングのバイトの面接では何を聞かれるの?

ポスティングのバイトも面接があります。

もし、なかったら、それはかなりいいかげんな会社ですから、やめましょう。
 
 
面接で聞かれることは、ごく普通のことです

私の場合は、長期でするつもりですから、体は健康で丈夫なこと、そしてある程度の重さのチラシを持って、とにかく歩く仕事ですが、やれますか?と言われました。

もちろん、そのつもりですから、大丈夫なことを答えました。
 
 
 
一応、写真の貼った履歴書を渡しましたが、コピーを取って返してくれました。

ただ、履歴書は別に中を見たりしませんでしたし、もちろん学歴とかなども問題ではありませんでした。
 
 
 
面接は私がされるよりも、彼らが仕事の内容を説明することがほとんどでした

具体的に、どうやってポスティングをするか、その準備と終わってからの報告などを細かく説明されました。

そして、とうぜん報酬を教えられました。

ちょっとややこしい基準がありましたが、難しいことはありませんでした。
 
 
 
 
そして、やる気持ちがあるかを確認されて、あると答えると、最初はテストのポスティングをすると告げられました。

テストとは、その会社の募集のチラシだけを配るものでした。

なるほどですね。
 
 
 
実際にポスティングをやってみたら、辛いから辞めるという人もいるし、中にはいいかげんな仕事をする人もいます。

ですから、まずはおかしなことになっても、被害は最小限で済む、自分の会社のチラシを配るわけです。

それを配って、報告をちゃんとして、始めて本物を配るようになります
ですから、実際に始めるのは来々週になるわけです。

ちなみに、テストの報酬は、辞める場合はもらえなく、続けるのならばそれなりにもらえるということです。

ポスティングってバイトのやり方はどうやるの?

では、実際に面接で説明されましたポスティングのやり方を話します。

チラシの配送

私のやっているポスティングのバイトでは、チラシは毎週火曜日に配送されます。

配送は宅配便ではなくて、会社の者が配ります。

配送は午後にされますが、もし不在だった場合は玄関に不在連絡票と一緒に置かれます。

同じポスティングでも、チラシを取りに行く形態もありますが、いつも同じエリアを担当するポスティングの場合は、自宅に配送されるのが基本です。

チラシのセット

チラシを1種類の場合は不要ですが、多くの場合は2種類か3種類のチラシの配布をします。
ですから、2種類か3種類をまとめて1つのチラシの塊として、それを何百と作ります。

それと配るのも、一戸建てと集合住宅で違っている場合もあります。
ですから、上にあげたチラシの塊を、一戸建てと集合住宅を別に作ります

詳しくは、別の記事で書きますが、やることは単純ですが、けっこう根気のいる仕事です。

この作業を効率的に行うことも時給を上げるためには大事です。

エリア地図の確認

住宅詳細地図をもらえますから、それで配布する家を確認します。

エリアを1つだけ担当していれば、最初の数回だけ地図を見れば、後は覚えるので自然にできます。
 
 
 
ただ複数のエリアを担当するようになると、エリアによって配布するチラシも違っていますから、それをよく確認するのも大事です。

ポスティングの実施

これが誰でも知っているポスティングの仕事ですね。

ただ、最近はGPSがありますから、実際にどうやっているかがわかるようになっています。

ですから、配布の開始でGPSをONにして、終わったらOFFにするのも仕事の一部になります。
 
 
 
もし間違いやトラブルがあったならば、すぐに会社に連絡をすることはとうぜんですが、期限までに終わりそうもない時も連絡をして、指示をもらうようにします。

勝手に、期限の翌日に配布するのはよしましょう。

完了の報告

完了の報告は2つあります。

完了したその日に、電話やFAXやメールで、エリア名・チラシ名・完了の日時・チラシの過不足を報告します。

月の終わりには、それとは別に完了報告書を提出します。


ポスティングのチラシはどのくらいをどうやってもらう?

チラシの配送で説明されたことを詳しく話すと以下のようになります。

チラシは毎週火曜日に配送されますが、これを水曜日から金曜日までの間で配ります。
 
 
 
会社のサイトを見れば、火曜日の3時以後に自分のエリアで何種類のチラシがあるかがわかります。

だいたい2種類か3種類ですが、中には4種類のエリアもあります。

もし4種類あれば、集合住宅なら7円、一戸建てなら9円が一軒で稼げます。
 
 
 
配送は宅配便ではなく会社の者が直接配ります。

配る物は

配布明細書:日時、チラシ名、配布数、単価、配布条件等がある

完了報告書:チラシ名、配布完了時間、過不足数、その理由等がある

現品票:チラシ1種類ごとに1つあります

チラシ:1種類ごとに1つにまとめてあります。

ですが、不在の時は不在連絡票と共に置いていきます。

帰ったら、配布明細書と現品が会っていることを確認をして、配送者連絡先に必ず連絡をすると共に、連絡をしたら「受取報告日時」も記入しておきます。
 
 
 
チラシの数は、私のエリアは400家ですから400枚+アルファです。

ただし、実際は一戸建て用と集合住宅用で枚数は違いますから、最大数は3種類のチラシの場合は400 x 3 = 1,200枚くらいになります。

1,200枚というと、けっこう重さがあります。
 
 
 
故障したGPSなど会社に持っていきたい物があれば、その時に渡せばOKです。

まとめ

これで、ポスティングの面接で話したことと聞いたことを書きました。

ただ、長くなるので、詳細はやり方のステップ1だけを書いてあります。

続きは、下にある別の記事で書きますから、参照をしてください。
 
 
 
 
ポスティングの面接でやり方のチラシのセット、地図の確認、実施の説明

ポスティングの面接でやり方の完了報告と報酬基準と損害賠償について

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です