引越しの挨拶でギフトの相場とタイミングは?のしは必要?

Pocket

引越しすることは新しい所に住むわけで、
既に住んでいる人達にギフトを持って挨拶をするのは日本人の常識ですね。

でもいったいいくらぐらいのギフトを持っていけばいいのか
挨拶に行くのはどんなタイミングでするのが適切なのか
渡すギフトにのしをつける必要があるのか

など気になる、知っておきたいことがありますね。
引越しの際の挨拶をどうするべきかをまとめました。


引越しの挨拶をするときのギフトの相場ってどのくらいなの?

引越しをするのなら、引越し先の隣人に挨拶をするにしても
行くのに手ぶらというわけにはいきません。
 
 
でも、持っていくギフトはどれくらいの金額の物がいいのだろうか?
贈るギフトの相場が知っておくといいです。
 
 
 
引越しの贈るギフトの相場は1000円です。

実際、経験者に聞いてみても500円から1500円でした。
 
 
ただし借家などで大家がいる場合は
およそその倍で1000円から3000円ぐらいを贈るそうです。
 
 
 
贈る物で圧倒的に使われるのがタオルセットです。

実用品で日持ちをするのが人気のわけでしょう。

同じような理由で、石鹸や洗剤や入浴剤もいいですが、
人によっては香りが好みでないと喜ばないこともあります。
 
 
もし子供のいる家庭だとわかっているのだったら
お菓子の詰め合わせは喜ばれると思います。

子供のいるいないを問わずクッキーのように
日持ちのするお菓子なら嫌われないですね。

もし地方から引越しをするのなら「地方の名産品」を渡すと、
目を輝かせて喜ばれることもあります。

引越しの挨拶のタイミングはいつがいい?

引越しの挨拶をするのはいいけれど
行くタイミングはいつがいいのか気になりますね。

一週間前でも一日でも良いのですが、
引越し先に事前に行くことができるのなら
その時に「何日に引越しさせてもらいます」と挨拶しましょう

 
 
でも遠距離でしたら、なかなか引越しの日時が決まってから
引越し先に足を運ぶことは難しいですね。

その場合は当日にできるだけ早くしましょう。

引越しで業者が来ると、トラックを家の前に停めますし
作業が始めれば1時間や2時間は騒がしくなりますから
そのお詫びも兼ねて挨拶をしておけば許してくれるでしょう。
 
 
とはいえ、何かと忙しい引越しの当日ですから
なかなか業者が来るより前に挨拶をすることができないこともあります。

その場合は業者が終わって帰ったら即、挨拶をすることがオススメします。

どうしても運ばれた荷物を梱包を解いて整理をしたくなりますが、
やり始めたら夜遅くまでかかることが多いですから
それより、5分か10分で済む挨拶をしておきましょう。
 
 
 
ただし挨拶は相手がいないとできませんから
タイミングは臨機応変でしなくてはなりません

引越し当日に挨拶ができなければ、
翌日に挨拶に伺うのが原則ですが

翌日が土日祝日だったら、午前中は遅くまで寝ていたり
パジャマを着ていたりしますから避けましょう。
特に女性がノーメイクなら迷惑になります。

それと避ける時間帯は食事の時間は当然で、
早朝や深夜などは問題外です。
 
 
ですから、平日の朝の10時から17時の間が理想的ですが
土日祝だったら、14時から17時の間でもいいです。

いつもその時間に不在のお隣さんだったら
夜9時ごろまでに「夜分に申し訳ありませんが・・」と
挨拶をするようにしましょう。

どうしても遅くなっても1週間以内には
挨拶をするようにしましょう。
 
 
ちなみに、挨拶をする範囲は、両隣が最低限です。

マンションなどだったら、下の階が最低限に含まれますし
できれば上の階にも挨拶をしておきましょう。

引越しの挨拶のギフトにはのしは必ずつけましょう!

引越しの挨拶のギフトには必ずのしをつけましょう。

のしは丁寧な印象があり、「ちゃんとした人だな」と思ってくれます。

それにいくら口頭で名前を言っても覚えてくれるとは限りません。
また家族全員が挨拶に来るわけでもありません。

せっかくのお隣さんになったのですから
早く名前ぐらいは覚えて欲しいですね。

のしがあれば、「新しい隣人は○○さんというのか」と
名前が相手の家族全員に間違いなく伝わります

 
 
 
引越しの挨拶のギフトにつけるのしは
紙にプリントされている物でよいですが
紅白蝶結びの水引となります。

ギフトに付ける場所は外のしが一般的です。

表書きは「粗品」という謙譲の気持ちは適当ではありません。
「御挨拶」と書くようにしましょう。

その下に自分の名前を書きます。

まとめ

引越しの挨拶をするという日本の美しい習慣です。

わずか1000円程度のギフトで、新参者として
いい印象を持ってもらい、名前も覚えてもらえるのですから
挨拶は必ずするようにしたいですね。

行くタイミングさえ間違えなければ
ギフトを持って挨拶をされて喜ばない隣人は少ないです。

万一、喜ばない変人だったら、
その後の付き合いを注意することを学んだことになりますね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です