防災グッズのセットの一人暮らし用は必要か?役に立つか?

Pocket

一人暮らしの場合は、人に頼らずに自分で自分の防災セットを用意しなければなりません。

一人暮らしの人は、災害の時は自分で逃げ出せますから、子供やペットがいる人に較べるとずっと簡単に防災セットが作れます。

それでは、どう防災セットを考えたら良いのでしょうか?


防災グッズのセットって一人暮らしだと何が必要ですか?

防災グッズを何も持っていないのは、あまりに災害対策がなっていないといえるでしょう。

でも何を揃えればいいのかが検討がつかない人が多いと思います。

一人暮らしの場合の防災セットは、わりとシンプルに考えられます。
 
 
 
リュックに男性なら10~15キロ、女性なら5~10キロまでになる範囲で次の物を入れればいいと思います。

貴重品 (現金、通帳、印鑑等)
水 (500ミリリットル)
食料品 (1日~3日分)
おやつ (チョコレートなど)
救急セット (絆創膏、包帯、消毒薬、常備薬など)
懐中電灯かヘッドライト
衣類 (防寒具、着替え)
ラジオ
簡易トイレ
洗面用具 (タオル、石鹸、歯ブラシ、髭剃り等)
ペーパー (ティッシュ、濡れティッシュ、トイレットペーパー)
女性用品

水は3日分を持って行くとなると、それだけで9kgぐらいになりますから、現実的ではありません。
どうしても水が心配なら、携帯浄水器を持っていけば川の水でも浄水にして飲めます。

食料品は3日程度なら食べなくてもやっていけるのでしたら、かなり減らせるでしょうし、おやつはなくても死にはしません。

気候が温暖なら衣類の防寒具は不要でしょうし、着替えもどれだけいるかは個人差があります。

洗面用具も人によって最小限がかなり異なっています。


そもそも、防災セットは必要か?

楽天などで売っている防災セットを買うと、もう災害対策はできたと思う人は少ないと思います。

それでも防災セットって、なんか安心をさせてくれますね。
 
 
 
でも防災セットって、一人暮らしの自分に必要だと思いますか?

実は、かなり多くの防災グッズは100均で買えますし、そうでなくても他の店で安価に購入できるものがいっぱいあります。

ですから、軍手、絆創膏、マスク、ロープやラップなどははっきりいって防災セットでなくても、簡単に他で安く揃えます。
 
 
 
でも、そう簡単には手に入らないかもしれない物が防災セットにはあります。

例えば、防災士厳選の防災グッズ36点セットを見てみましょう。

ダイナモLEDラジオライトというのがかなり考えてある商品です。

充電が手回し充電にUSB充電もありますが、ソーラー充電があるのが頼もしいですね。
そして、携帯やスマホに充電するのがiPhone6sまで対応しているのは少ないです。

機能として、懐中電灯とデスクライトに使えて、FMラジオもオート受信機能になっています。
おまけに緊急サイレンの機能もついています。



他にも防災用のエアーマットはマットの硬さも調節出来、上にはアルミブランケットで守れば、寒い日も体温を逃さずに暖かく過ごせます。

非常用の食物としては、アルファ米とそれを温める加熱パックもついています。
 
 
 
こういった物は防災セットでなければ、あちこちの店を見たり、サイトを調べたりしないとなかなか揃えられませんから、セットで買うことの必要性があるのです。

防災セットって本当に役に立つのか?

防災セットに入っている物は、中には安物を揃えた良くないセットもありますが、このディフェンドフィーチャーのように、ランキングで1位になるような商品の場合は、品物もしっかりした物を集めてあります。

ですから、実際に使う機会が来たら、本当に役に立つことがわかるでしょう。
 
 
 
ただし、防災セットは必要な物を入れてありますが、十分な物があるわけではありません

自分には「これだけはなければ」という物が他にもあるはずです。

例えば、常備薬ですとか、安眠のために耳栓が必要だとかあるわけです。

ですから、防災セットが真に役に立つ物にするには、自分の必要な物を選んで加えることが必須です。

まとめ

一人暮らしの人も防災セットは揃えましょう。

なかなか実際に災害が起こらないと防災セットの必要性は薄れて見えます。

しかし、災害は忘れた頃にやってくるものですから、一人暮らしにも防災セットは必要です。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です