防災グッズのセットのおすすめは?持ち出しする?3日間を?

Pocket

防災セットはもう買われましたか?

防災グッズはいくら揃えても、なかなか不足することはあります。

そもそも、何を揃えればいいのか、迷いますよね。

防災セットに何を入れるのかを、よく検討してみましょうね。


防災グッズのセットのおすすめとはどんなものでしょうか?

防災グッズはいろいろありますが、防災セットとして売りだされているのが、なんとなく全部揃って簡単だし、安心だと思うかもしれません。

ですから「防災グッズのセットのおすすめとはどれですか?」と聞かれるのですが、誰にでもおすすめの防災セットなんてありません。
 
 
 
そもそも、各個人の家庭の状況で必要な物もありますから、欲しい防災セットはオーダーメイドになります。

ただ、それにして基本を押さえておきましょう。
 
 
 
災害は震災、火災、津波などさまざまなものがありますが、最初に災害対策として考えるのは「生き残る」ことです。

地震で家具が動いて、転倒して、ガラスが割れて飛び散る中で、下敷きになったり、ガラスで怪我をしないようにするのが第一次の防災です。

それには夜なら懐中電灯、そして家具を固定する器具を使ったり、頭を守るヘルメットなどをいつでも分かるように置いておくのです。
 
 
 
そして第二次の防災は、生き残った人が「怪我なく避難する」ことです。具体的には、最低でも履きやすい靴などで、障害物や破片で危ない道を移動できるようにしましょう。釘などを踏んでも大丈夫なように靴に踏み抜き防止インソールを入れると理想的です。そして軍手・手袋は用意しましょう。
 
 
 
第二次の防災ができたら、いよいよ1日程度の避難をするのに持っていく物を揃えるのが第三次の防災です。

さらに、本格的に避難所などへ移動する場合は、3日分の生活を送れることを考えた第四次の防災を考えます。この時に、市販されている防災セットなどが役にたちます。

防災セットで持ち出しする物は?

上であげた第三次の防災では、非常持ち出し袋を用意することになります。

これは地震や火災など緊急に避難することが要求されたときを考えます。

ですから、あまり欲張りすぎると、命の危険があります。
 
 
 

貴重品
ライト
衛生用品

衣類・雨具
食料品

貴重品は、通常は現金(硬貨)、身分証明書、預貯金通帳、印鑑、権利書、各種カード、保険証などを言いますが、通帳や保険証券などはなくなっても、再発行してもらえますし、緊急時は仮払いもしてもらえますから、まず現金を用意しましょう。

ライトは懐中電灯より、ヘッドライトの方が両手が使えるのでおすすめです。

衛生用品は怪我した時にないと、後に感染症などを防げず二次災害を被ることになりますから、用意したいですね。あと、常備薬も欲しいですね。

水は状況によって豊富にある場合もありますが、とりあえず500ミリリットルのPETボトルを1本用意しておきましょう。

衣類は、寒い地域では必須ですが、温暖な地域なら着たもので数日は過ごすことも可能です。

食料品は、1日程度の避難を考えたら大人はなくてもなんとかなりますが、ちょっとしたおやつを用意しておくと、災害に挫けないのに役に立つことがあります。


防災セットで3日間を健康で快適に過ごすには

第四次の防災とは、ライフラインも壊れた中で3日間を無事に過ごすには何を必要かを考えます。

これも、避難所に行くのでしたら持っていく物を重さが男性10~15kg、女性は5~10kgぐらいにすることをおすすめします。
 
 
 
水は貴重な物ですが、大人が1人で1日に3リットル必要だと、3日間で9kgですから、ほとんど他の物が持っていけません。ですから1日500ミリリットルくらいを用意して、あとは他で手に入れるようにしましょう。

自宅やその周辺で3日間を過ごすのなら、水は風呂や2リットルのPETボトル6本の箱入りなどを確保しておけば問題はないでしょう。

 
 
 

飲料水
非常食(アルファ米、カップラーメン、乾パン等)
お菓子(クラッカー、グミ、チョコレート等)
鍋・ガスボンベ・カセットコンロ
食器(皿、お椀、ナイフ・スプーン・箸等)
タオル
サランラップ
ティッシュ

救急セット(常備薬、包帯、ガーゼ、絆創膏、はさみ、ピンセット、消毒薬)
ラジオ
懐中電灯・ヘッドライト
予備の電池
スマホや携帯電話
充電グッズ

着替え
マスク
レインコート
防寒具
毛布
レジャーシート
軍手・革手袋・ゴム手袋
マッチ・ロウソク・ライター
ロープ
ヘルメット

洗面道具
簡易トイレ
トイレットペーパー
ウエットティッシュ
ビニール袋

アルミホイル
油性ペン
ガムテープ
石鹸
簡易トイレ
歯ブラシ
耳栓
アイマスク
携帯マクラ
女性用用品

 
 
 
乳幼児がいればオムツなども必需品ですし、ペットがいるならキャットフードなど、それぞれの事情に合わせて、必要な物を追加してください
 
 
 
市販の防災セットは、かなりよく考えられていますから、それを購入するのも悪くはありませんが、あくまでそのセットをベースとして、自分の家に合った防災セットにすることを忘れてはいけません。

楽天 防災セットランキング1位の防災セットは50点もあり、防災マニュアルもあり、4.2kgと超軽量のリュックでお値段もかなりお得です。



2セット、3セットと買うと、さらに割引があります。
 
 
 
こちらも楽天でランキング第一位の商品です。

まとめ

防災セットはできましたでしょうか?

あれも、これも、とあれば便利な物は豊富にあります。

それも欲しいですが、まずどうしても必要な物を優先して揃えましょう。
 
 
できれば防災セットが役に立つ日が来ないことを祈りますが。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です