紫外線対策を敏感肌には飲む日焼け止めがおすすめ!効果と使い方は?

Pocket

紫外線対策はしっかりやりたいけれど、敏感肌だから・・・と悩みます。

日焼け止めクリームを刺激の少ないものを選べばいいのかしら?

いえ、そんなことよりもっと楽で根本的に解決する方法があります

これからの日焼け止めの方法をご紹介します。


紫外線対策を敏感肌には何を気をつける?

敏感肌の人は肌への刺激のないものをできるだけ使うようにしますが
紫外線対策のクリームを選ぶのならば、紫外線吸収剤を含んでいない
ことが、まず絶対に必要なことと言われます。

紫外線吸収剤を配合していなければ、紫外線散乱剤を使っていますが
その使い心地をよくするためにナノ粒子を使ったりします。
 
 
 
その他に、無香料・無着色であるとか、低刺激性であるとか
お湯や石鹸だけで落とせるものとかを大事にします。

あと、ウォータープルーフタイプを選ぶといいと言われます。
そしてパッチテストやアレルギーテストをしてあるものが安心です。
 
 
 
しかし、それだけ気をつければ大丈夫とは言えないのが現実です

いくら刺激の少ない日焼け止めクリームでも、肌荒れを起こすことはあります。
 
 
 
そもそも、異物を肌に塗るから肌荒れを起こすのです。

逆に言えば、それを変えれば、敏感肌でも怖くはありません。

飲む日焼け止めを使うのがおすすめです!

塗る日焼け止めだから敏感肌の人は肌荒れをを起こすことがあるのであって、飲む日焼け止めだったら、肌荒れを起こすことはなくなります。
 
 
 
「飲む日焼け止め?」と思うかもしれませんが、今では海外では日焼け止めは飲む物だということが常識になりつつあります。

初めて聞いた時には「それ何?飲んで、紫外線が防げるの?」と思いました。
 
 
 
でも、日焼け止めは要するに紫外線が肌を痛めることを防ぐことが大事で、それを体の外に紫外線を肌に届けないものを塗るのもいいですが、別に体内に届いた紫外線が悪さをするのを防ぐ方法を用意しても、結果は同じです。

紫外線を浴びた結果として発生する活性酸素を取り除く能力は私達の体は持っています。

しかし、紫外線が多すぎれば、活性酸素の除去が追いつかないで、細胞が傷ついてしまいます。

結果として、表皮ではシミやそばかすができ、真皮ではシワやたるみができてしまいます。

飲む日焼け止めを服用すると、その活性酸素を取り除く能力が50%以上も高まるのです。
 
 
 
ですから、飲む日焼け止めを服用すると塗る日焼け止めを塗ったと同じように紫外線対策になるのです。

そして、飲むだけですから、敏感肌でも安心して使うことができます。
 
 
それだけでなく、

塗り忘れをしなくなる

塗りむらがない

塗り直しが不要になる

洗顔やクレンジングなどが不要になる

など、飲む日焼け止めのメリットはとても多いのです。
 
 
ですから、敏感肌の人の紫外線対策に飲む日焼け止めをおすすめします。



飲む日焼け止めの効果と使い方は?

飲む日焼け止めは海外産ではヘリオケアなどがあり、国産では
POLC、ホワイトヴェール、雪肌ドロップ、メディパラソルそしてnoUV (ノーブ)などがあります。
 
 
 
主成分がヘリオケアはフェーンブロック(FernBlock)と特許成分で
国産は最近見つけられたニュートロックスサンを使っています。

どちらも似た機能をしていますから、同じような効果があると考えられます。
 
 
 
ヘリオケアを飲んだら、半日外にいても、肌が赤くならなくなった。

POLCを服用すると、一夏たってもほとんど日焼けはなかった。

など、続々とその効果が有効である証言が出ています。

特にヘリオケアは、もう10年以上も発売されてからたっていますから、
その効果は実証済といえるでしょう。

ただ、日本では市販されていないので、美容皮膚科のクリニックや楽天などで購入するか、個人輸入をするしか入手する方法はありません。

国産のニュートロックスサンも10年の研究された成分で、効果は実験で確かにあり、また早く使われた方も実感しています。

 
 
 
朝に2錠を服用すると、およそPA++かPA+++、あるいはSPF30~50くらいの効果があります。

ですから、日常生活でしたら1錠にして、海などでレジャーで太陽にたくさんさらされる場合は4錠にするなどのようにします。
 
 
また国産の場合は朝に飲めば1日ずっと効果が効きますが、ヘリオケアの場合は4~5時間たったら、追加のカプセルを飲むように指示があります。

また朝服用する時間は、紫外線を浴びる時間より30分早い時刻を推奨しています。これは、飲む日焼け止めの効き目が出てくるまでの時間があるからです。
 
 
 
基本的に日焼け止めが必要な日に飲むという使い方をしますが、可能なら紫外線を浴びることがない日も含めて毎日服用すると、既に浴びた紫外線に対する治癒の効能もありますから、よい高い効果を期待できます。

まとめ

敏感肌の人にとっては、何も面倒なことを考える必要がない飲む日焼け止めの登場は、とても魅力的な商品を与えられて嬉しいですね。

もちろん、敏感肌でない人も塗り直しなどの面倒がない飲む日焼け止めはメリットはいっぱいあります。

海外で日焼け止めの主流になっていることの理由がわかりますね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です