紫外線がシミやシワを!対策はSPFとPA?日焼け止めの使い方は?

Pocket

シミやシワが顔にできたら気になりますね。

美容クリニックでレーザー治療をして治しますか?

それはいいけど、そもそもシミやシワの原因を取り除かない
せっかく消しても、またシミやシワは出てきます

原因と正しい対策を紹介します。


紫外線がシミやシワの原因です!

シミやシワは老化のひとつですが、老化は年齢だけでなるのではありません。

現在では、老化=年齢老化+光老化と考えられ、光老化が約80%を占めると言われています。
 
 
 
その証拠のひとつが、下の写真です。

光老化
出典:GIZMODO

69歳の男性ですが、28年間トラックの運転手をしています。
その間、運転席で日の光を窓ガラスを通して顔の左側に受けていたのです。

それで紫外線を顔の半分に受けて、顔の半分だけが20歳か30歳か老化してしまったのです。
 
 
ショックですね。

でも日焼け止めクリームを塗っているから大丈夫だと思っていませんか?

確かに日焼け止めクリームは効果がありますが、正しく使わないと効果も半分かもしれないし、4分の一かもしれないです

正しい日焼け止めを選んで、正しく使う方法をご紹介します。

紫外線対策で使う日焼け止めのSPFPAって?

紫外線にはUV-A(A波)、UV-B(B波)、UV-C(C波)があります。
 
 
UV-Aは雲もガラスも通過して、肌も表皮を通過して真皮に届きます。
真皮がUV-Aのために傷ついて、すぐにはわからないけど、長い時間をかけてたるみやシワになります。

UV-Bは雲やガラスでほとんどが遮られますから、晴れ日に届きます。
表皮がUV-Bのために傷ついて、肌が赤くなってヒリヒリします。これがサンバーンです。
サンバーンも繰り返すとシミやそばかすの原因になります。

UV-Cはこれまでオゾン層で遮られいましたが、最近は少しずつ届いているようです。
 
 
 
日焼け止めを見るとPA+とかSPF30とか書いてありますが、これが紫外線を防ぐ能力を表しています。

PAの意味

PAはUV-Aを防ぐ能力を+の数で表しています。

PA+・・・UV-Aに防止効果がある
PA++・・・UV-Aに防止効果がかなりある
PA+++・・・UV-Aに防止効果が非常にある
PA++++・・・UV-Aに防止効果が極めて高い

でありますが、なんか曖昧ですね。
 
 
 
具体的には

PA+・・・通常の生活に対してのUV-A対策
PA++・・・屋外でも軽いスポーツやレジャーでのUV-A対策
PA+++・・・海のレジャーなどのUV-A対策
PA++++・・・海のレジャーなどの長時間のUV-A対策

という具合です。

PA++++は、2013年1月1日から加えられた新しい表示です。

それだけ、UV-Aに対する紫外線対策が重視されているわけです。

SPFの意味

SPFはUV-Bを防ぐ能力を数字で表しています。

紫外線が強い時には対策をしないと20分程度でサンバーンが始まります。

SPFは、この数字だけ20分を伸ばすことを表しています。

つまり、SPFが

15・・・20 x 15 = 300分 = 5時間
20・・・20 x 20 = 400分 = 6時間40分
30・・・20 x 30 = 600分 = 10時間
50・・・20 x 50 = 1000分 = 16時間40分

となります。
 
 
 
これも具体的に生活に対応させると

15・・・通常の生活に対してのUV-B対策
30・・・屋外でも軽いスポーツやレジャーでのUV-B対策
50・・・海のレジャーなどのUV-B対策
50+・・・海のレジャーなどの長時間のUV-B対策

となります。

50+というのは、50よりも大きい場合に使います。


上手な日焼け止めの使い方は数値と塗り方を考慮する!

日焼け止めは数値が大きくなるほど、紫外線対策としては効果は高いですが、同時に肌への負担が重くなります。

ですから、やたらと数字で大きい日焼け止めを使って安心していると、肌が荒れて困ってしまいます

上にあげたような基準を目安にして、適切な日焼け止めを使いましょう
 
 
 
日焼け止めを塗るときに、薄く伸ばして塗る方が多いのではないでしょうか。

日焼け止めのPAやSPFの数値が高くても、その効果があるのは肌の1cmに日焼け止めを2mg塗った場合です。

ですから、薄く伸ばしていては、効果が半減してしまいます
 
 
では、どのくらい?って聞かれるのですが、よく言われるのは500円玉の大きさです。
しかし、それを顔に塗るのか、全身に塗るのかわかりませんね。

はっきり言って、白浮きするぐらいの量です。
 
 
白浮きをしないためには、少し時間をかけて何度も塗って、重ね塗りをするといいです。

あまりすって塗るというより、軽く押さえて塗るというか置いていくようにしましょう。
 
 
 
それと日常生活でも、思いのほか日焼け止めは落ちています。

汗だけではなく、前髪を触ったり、携帯電話で話したりすると落ちます。

ですから、マメに日焼け止めを塗り直すことが大事です。
 
 
 
でも、そんなことが簡単にできればいいですね。

塗るのに手間がかかり、それを1日何度も繰り返す・・・考えただけで憂鬱ですね。

そこで海外では、既に日焼け止めをクリームでするのではなく、飲む日焼け止めを使っています。
海外ではヘリオケアという商品が大人気です。

でも、日本では市販されていませんので、美容皮膚科で処方してもらったり、楽天やアマゾンで高いのを買ったり、個人輸入をしたりしないと手に入りません。
 
 
ところが、最近日本でも飲む日焼け止めが発売されました。

主成分はヘリオケアと違っていますが、原理は同じで、効果も同じようにあります。

ひとつ紹介するとホワイトヴェールが飲む日焼け止めです。

一度使うと、もう塗る日焼け止めは使う気がしなくなるという人が多いです。

まとめ

憎い紫外線がお肌にシミやシワを作るのを放っておくわけにはいきませんね。

日焼け止めクリームを使うのなら、PAとSPFをよく見て、自分に適したものを使うようにして、紫外線対策をとりながら肌を荒らせないようにしましょう。

でも、もっと簡単な方策は飲む日焼け止めを使うことです。

私も飲む日焼け止めを愛用しています。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です