飲む日焼け止めの仕組みは?海外なら何がいい?国産なら?

Pocket

飲む日焼け止めって紫外線を浴びても日焼けをしないなんて不思議ですね。

なぜ、紫外線を平気で浴びられるのでしょうか?

また、飲む日焼け止めに海外製と日本製がありますが、違うのでしょうか?

どちらが、いいのでしょうか?


飲む日焼け止めってどんな仕組みで紫外線を防ぐの?

太陽光を浴びると日焼けをしますが、それは太陽光の中の紫外線を浴びると体内に活性酸素が発生し、それがメラノサイトでメラニンを生成して肌が黒くなってしまいます。

これまでは、日傘や帽子を使ったり、日焼け止めクリームを塗ったりして肌に紫外線を浴びないようにしてきましたが、それでは不十分な場合も多いし、面倒です。
 
 
 
そこで紫外線を浴びても、活性酸素の発生を防げばいいという発想から生まれたのが飲む日焼け止めです。

具体的にはヘリオケアを飲むと、含まれるFernBlock成分が持っている抗酸化作用で紫外線があたっても活性酸素の発生を抑制します。

ヘリオケアの働き
出典:www.biyougeka.com

  
 
国産品で使われるニュートロックスサンという成分も同様な効果があることがわかっています。

ですから、飲む日焼け止めは日焼け止めクリームと同様な効果が期待できます。ただし、どちらも万能ではありません。紫外線の強さと浴びる時間に応じて、飲む量を増やしたり、日焼け止めクリームと併用することも考えましょう。

飲む日焼け止めは海外産ならヘリオケアですか?

飲む日焼け止めというと有名なのはヘリオケアですね。

あの緑とオレンジの大きなカプセルはいかにもアメリカって思いますが、
実はヘリオケアはスペイン製です。
 
 
 
ヘリオケアの有効成分はシダから抽出しますが特許で守られていますから
アメリカで作っている飲む日焼け止めは、似た成分を使っていますが
パームフルーツうや中央アメリカのシダから抽出した成分を使っています。
 
 
またイギリスでは南フランスで栽培されるメロンから抽出したメロングリソディンという成分を主に使っています。
 
 
 
どこの国の飲む日焼け止めも植物由来の成分を主に使い、抗酸化力が高くアンチエイジングケアに使用される成分が豊富に含まれています
 
 
 
どこがいいかというと、どれも使用した効果は似たような結果ですから
値段と副作用の心配あたりが気になるところですね。

値段は個人輸入で購入することになるので、さまざまですが、それほど
違いはないようです。
 
 
副作用も、どれも目立ったことは発生していないようですが、それでもやはり
ヘリオケアが一番長く使われているという実績があることと
加えて臨床結果が発表されている点も安心ですね、

ただアレルギーというのは何が原因で発生するかはわかりませんから
使って、アレルギーを感じたらその製品は避けるというのが現実的です。


飲む日焼け止めもやっぱり国産がいい?

やっぱり国産品の方が安心できるという人も多いですね。

最近では国産の飲む日焼け止めも増えてきました。

国産品の場合は主成分はシトラスとローズマリーから抽出された天然のポリフェノールのニュートロックスサンになります。

スペイン大学で10年間の研究で紫外線のダメージを55%減らすという結果が出ていますので、期待できますね。

noUV (ノーブ)

noUV (ノーブ)が一番多く名前を聞く国産の飲む日焼け止めです。

楽天でもランキング1位を獲得したので人気は高いです。

アジア人向けのサプリメントで、必要な時だけ1粒を飲みます。

飲んで30分したら紫外線にあたっても平気になりますが
1粒で2時間を目安に使いますから、長い時には不向きです。

POLC

はっきりした持続時間はないけれど、1日に2~5錠を朝に飲めば、1日中効果を持続します。

飲む日焼け止めとしての成分以外に、美白成分や抗酸化物質などさまざまは成分が配合されていますから、効果は紫外線対策以外にもニキビケアや肌のつやを保つなどが期待できます。

そのかわり、値段は定期購入で6,980円になり高めになります。

ホワイトヴェール

主成分のニュートロックスサン以外の副成分がPOLCと同様に豪華で、飲む日焼け止めでなく美白サプリメントと言っても通用するぐらいです。

毎朝、2粒を飲むことを目安にしています。

ホワイトヴェールは初回は980円と格安で、しかも15日間の返金保証付きですから、まず試してみるのなら一番のオススメです。

値段は定期購入で2回目から4,980円で、5回目からは3,980円ですから、安めです。

雪肌ドロップ

雪肌ドロップも国産品らしく補助成分が豊富で、特にアセチルグルコサミンやコラーゲンなどの肌がみずみずしくなる成分が魅力的です。

1日2粒を目安に毎日飲むことを勧めています。

値段は初回は500円と圧倒的に安いのが魅力ですが、2回目からは6,480円とかなり高くなりますから、ご注意をしてください。

雪肌ドロップ

海外製と国産品のどちらがいい?

海外製の飲む日焼け止めと国産品のどちらが、いいのでしょうか?

一概に言えませんが、どちらもしっかり日焼け止めはしてくれます
 
 
 
ひとつは日本製が安心だという人は国産品を選べばいいと思います。

また日焼け止めだけでなく、美容やアンチエイジングなどの効果も欲しいと欲張りな方も国産品を使った方が合いますね。

あと、日本人の中には海外製のものは、成分が強すぎると感じる方もいますね。その場合も日本製なら、日本人に合った成分の量を使っていますから、問題は少なくなります。
 
 
 
海外製、とくにヘリオケアの場合は長く販売されていて、効果も実証されているし、安全性の問題もないことが研究の成果と長い経験が保証していることが魅力的です。

ですから、飲む日焼け止めに不安があるのなら、ヘリオケアをするのをオススメします。

まとめ

飲む日焼け止めはこれまでの日焼け止めとは根本的に違います。

もし、若い時から毎日飲む日焼け止めを使っていれば

それだけで、紫外線の被害が約半分になります。

ということは、60歳で30歳の80歳なら40歳の肌になるわけです。

それに加えて、日傘や帽子や日焼け止めクリームを使っていれば

ほぼ永遠に20歳代や30歳代のみずみずしい肌を保てるはずです。

 
 
 
もう少し、早くこんないい商品が出てくれれば・・・・と思います。(泣)

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です