蚊取り線香の効果と持続時間は?スプレーと比較すると?

Pocket

夏になると蚊がやってきますね。

夜寝てる間に蚊に刺されて、起きたら痒くて痒くてということはありませんか?

寝る前に蚊取り線香を焚いてと、よく言われますが本当に効果があるのでしょうか?

そして最近出てきた蚊取りスプレーというのはどうなのか?

気になりますね。知っておくと、得になる情報です。


蚊取り線香の効果って本当に蚊を殺してくれる?

蚊取り線香で蚊は落ちるけれど、死んでいないで、しばらくするとまた飛び出すということを聞いたことがありませんか?

実際に私も実験をしてみたら、確かに朝になって、生き返る(眠りから覚める)蚊がいるのです。
 
蚊取り線香 
 
ただし、それはごく一部の蚊で、大部分は確かに死んでいました。

つまり、蚊取り線香にある「ピレストロイド」という殺虫成分の濃度が、一部の蚊には致死量に至らなかったということです。

この実験で蚊はその殺虫成分で呼吸を止められて死んでいるのです。
 
 
 
 
ちなみにピレストロイドというのは、人間は吸っても分解できるので害はありません

上の実験のように密閉だったら、確実に蚊を殺せますが、実際に人間がいるところは、扉とか窓とか、あちこちに隙間があります。

ですから、大まかに言って蚊取り線香を1つで、6畳間くらいが効果がある範囲です。

ですから、8畳とか広い部屋でしたら2つの蚊取り線香を焚くようにした方が確実です。

蚊取り線香の効き目の持続時間ってどのくらい?

蚊取り線香が効果があるのはいいけれど、いつまでその効き目が持続するかも問題ですね。

寝るときは効果があるけど、朝には効果がなければ、結局蚊に刺されてしまいます。
 
 
 
蚊取り線香の効き目の持続時間っていうのは、普通のサイズでちょうど人間の睡眠時間ぐらいということで約7時間です。

ただし、夜中に便所に行ったり、人の出入りがあると効き目が持続しづらいので7時間では足りないかもしれません。

また、睡眠時間が長い人もやはり蚊取り線香の効果がなくなってしまいます。
 
 
その場合は大型の蚊取り線香を使うと、11~12時間の効き目の持続時間がありますので、そちらをオススメします。

また扇風機などが風をあてると、酸素の供給がされますから、蚊取り線香は早く燃えますから、その場合もやはり大型の蚊取り線香を考えた方がいいですね。


蚊取りスプレーと比較したらどっちが効き目がいい?

蚊取り線香は安全だし、安いし、効き目もあるからいいと思っていたけど
たいした手間ではないけれど、毎日2、3ヶ月の間するのだから
もっと便利なものはないかな?と考えました。

そして知ったのが8畳の部屋ならワンプッシュをするだけで一晩中蚊が殺されるという蚊取りスプレーがありました。

1,000円もしないで200日も使えますから、一夏はこれだけでOKですね。
 
 
 
効き目の方が気になる所ですが、それが凄いのです。

蚊取り線香ももちろんちゃんと効きますが、その効き目を比較すると
蚊取りスプレーの方が圧倒的に強いのです。
 
 
 
実験はASCIIがやっていますから、詳しく知りたければ蚊取り線香より効く! 殺虫最強はスプレー式のサイトを見てください。
 
 
 
蚊取り線香のように臭いもないし、効き目は抜群ですから、これからは蚊取りスプレーを愛用しようと思います。

まとめ

蚊取り線香が最強の蚊対策グッズだと思っていましたけど、各社が
研究をしてしのぎを削っていますから、性能は向上しているのですね。

ちなみに、蚊取り線香といったらメーカーはどこでしょうか?

金鳥・KINCHOとアース製薬とフマキラーの3社です。

そういえば、聞いたことがある名前ですね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です