夏休みの読書感想文 小学1年生の本選びと書き方

Pocket

小学校1年生の子供にとって、夏休みに出た読書感想文を書くのは

子供だけの宿題ではありません

子供の教育に責任を教師とともに担っている親にとっても

夏休みにやらなければならないことがある宿題です。

それは、子供が読書感想文を書くのを、正しく手助けをすることです。


夏休みの読書感想文は小学1年生は自分でする?

いくら夏休みで時間があるからといって、
読書感想文を小学1年生が自分一人で書けるはずがありません

もし、字数も自由だったら1行か2行書いておしまいにしかねないです。
 
 
 
ただし、手助けをどこまでするかは、教育方針によりますね。

「親が代わりに書く」なんていうのは論外ですが、熱心な親ほど手を出し過ぎが多いです。
 
 
親が書いた文章は先生は見ればわかります。

ですから、あくまで子供自身が読書感想文を書くのですが
足りないところを手助けをすることが大事です。
 
 
まず、最低限のする事は

・期限までに読書感想文を書かせる (そして持っていく)
・1行目に題名、2行目に自分の名前を書く
・規定した文字数があれば、それだけ書かせる
・文字が判読可能であること
・誤字、脱字等は直させたい

くらいは、させてあげなければ育児放棄と同じです。
 
 
 
文字数は一番難しいことでしょう。

それについては、下の章を参照してください。
 
 
 
親が優れた読書感想文を書くのを手助けをするよりも、子供にとっては

どうやって感想文を書くのかを、体験させて、学ぶことが大事だと思います・

それも合わせて、下の章で書きましたので、お役に立てば嬉しいです。

読書感想文で小学1年生の本選びはこうすれば!

読書感想文は小学1年生にとっては、しっかりと本を読む経験は初めてかも知れないですから、「本を読むのは楽しいこと」としてあげましょう。

ですから、安易に推薦図書などを選ばないでください。

もちろん、それを楽しく読める子供なら、それもいいですが、まだまだそこまで子供が発達しているとは限りません。
 
 
 
とにかく子供が、自分で「読みたい」と思える本を選びましょう。

表紙がきれいな本でも、絵や写真が多い本でもかまわないのです。

もし文字を読むのが苦になる子供だったら、図鑑というのも本です。

宇宙、自動車、恐竜、動物、花などきっと興味をもてる図鑑もあるでしょう。
 
 
 
小学校1年生の初めての読書感想文ですから、

子供が自分で読めばそれだけでも成功だと思うぐらいでいいのです。

難しい本を読む機会は、いずれ大きくなれば、嫌でも来ます。

今は、まず本という素晴らしい世界に招待することが大切です。


読書感想文の小学1年生だったら書き方は簡単!

読書感想文を書くには、まず本を読むことが最初に必要ですね。

自分で「読みたい」と言った本でも、いざ読むと字の多さに負けてしまうかもしれません。

その場合は、最初は親が読み聞かせをしてもいいのです。

あるいは、一緒に読むのでもいいのです。

とにかく本の内容を最後まで見てもらいましょう。

そして、少しでも自分が知らない「本の世界」があることを知ってもらいましょう。
 
 
 
できれば、2度、3度と本を読むようにしましょう。

最後は自分で読めば、とてもいいです。
 
 
 
そして本を読み終えたら、その場で感想を聞いてみましょう。

親が「どうだった?」と尋ねるだけで、感想を自分から話す子供もいます。

それについては、「うーん」と戸惑ってしまう場合は、具体的に

「何が書いてあったかわかる?」
「主人公って誰?どんな人だった」
「どこが面白かった」
「(図鑑なら)どんな恐竜がいた?」

など、親が質問をすれば、子供もわかることを答えてくれます。
 
 
 
うまく質問をすれば、800字(大人用原稿用紙2枚)で書ききれないくらいの感想がもらえます。

この機会にうんと子供の脳を鍛えてあげましょう。(笑)
 
 
 
子供の感想を聞いている親は、その要点をメモに記録しておきましょう。

それで読書感想文を書く用意ができました。
 
 
 
いきなり原稿用紙に書いてもいけないことはないのですが、誤字脱字など
修正することがあると、書き直しが面倒です。

また字数の調整などもするには下書きでないと難しいです。

最初は、下書きの用紙を用意して、そこの書くのをオススメします。
 
 
 
下書きは、親がメモに書いたことを子供に話して、それを文章にさせます。

これがなかなか難しくて、戸惑う子供が多いです。

  親の説明を理解する (元々、子供が言ったことですが)
  頭の中で、自分の言葉でそれを言う
  自分の言葉を、文章として書く

これだけのことをするのですから、その中でうまくまだできない点をどこかを親が理解して、そこを補助してあげるのです。

これが読書感想文を書くのを、親が一緒に手助けをする意義があります。
 
 
 
また、下書きの場合は親が書くというのもあります。

あくまで、文章は子供が作りますが、それを下書きに書くだけでもけっこうたいへんな作業です。

ですから、親が子供の言うことを記録してあげるのは、補助として有効です。

おかしい言い回しは、わざとそのまま書いてもいいです。

それを後から子供が見て、直せるのなら、直させましょう。
直さず、少しおかしな文章でも、意味が通じるのだったら、そのままでも問題はありません。
 
 
 
読書感想文は、次のように書きます。

1、2行に題目と名前を書きます。

3行目から1字を下げて書き始めます。
初めに「わたしは○○という本をよみました。」ですね。
 
 
それから、下書きだけでは字数が少ないのだったら次の2つを書いてもよいです。

①本を選んだ理由。例えば、「大きいきょうりゅうのえが、とてもきにいったからえらんだのです。」

②本の内容の紹介。例えば、「きょうりゅうは大きいのは30メートルもあり、とてもつよいどうぶつでした。」
 
 
そして下書きを元に文章を書きます。

下書きの量はわかっていますから、多すぎるのだったら、どれを削るかは、子供が決めればいいと思います。

親は、何行を使うかを計算してあげればいいです。
 
 
 
最後に30字から100字くらいのまとめを書きましょう。

まとめは、次の中などから適宜選んでください。

・意見(わたしならこうします、この○○にはさんせいします)
・意思(わたしはこうしたい、こういう人になっていきたい)
・喜び(本をよむのがたのしく、とてもうれしかった)
・感謝(本をよましてくれてありがとうございました)

 
 
 
書いた読書感想文の内容を「もう少しなんとかしたい」と思うかもしれません。

でも、小学校の1年生で人より優れた宿題を出すことが、どれほど役に立ちますか?

むしろ少しは恥をかくぐらいのことをして、身にしみることの方が大事なこともあります。

まとめ

小学校1年生に夏休みの宿題である読書感想文を書くことは

まだまだ字を読むのも、書くのもやっという子供にとって

たいへんな作業です。
 
 
 
最低限、期日までに書いて提出をしたならば、それだけでも

子供を褒めてあげてください

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です