夏はベビーカーの暑さ対策は散歩の時間の考慮と保冷剤が必要です

Pocket

ベビーカーは便利ですから、赤ちゃんとお出かけするのには愛用される方も多いでしょう。

しかし、便利な半面でベビーカーは暑さ対策をちゃんとしないと赤ちゃんにとっては地獄のような環境になりかねません。

夏のベビーカーの暑さ対策をご紹介させてもらいます。


夏はベビーカーの暑さ対策はちゃんとしてますか?

ベビーカーはおんぶ紐より楽ですが、暑さ対策をきちんとしないとベビーカーというのは地面からの照り返しもあってかなり暑くなります。

ベビーカーというのは地面から近いですからテレビなどでは50度近くになるそうです。
 
 
自分で暑さを訴えられる子供ならわかりますが、母親が気づいてあげないと赤ちゃんは熱中症や脱水症など大変なことになります。

ではベビーカーの暑さ対策とはどのようなものがあるのでしょうか?

ベビーカーでお散歩する時間は?

赤ちゃんを毎日散歩をさせてあげたいと思うけど、反面暑さが気になりますね。

そもそも散歩は毎日しなければならないわけではありません。

むしろ買い物で外に出ることが多すぎる赤ちゃんもかなりいます。
 
 
便利グッズがあるから使うのはいいですが、そもそも夏の暑い中をベビーカーで外に出る必要性はありません

ですから暑い夏は散歩でも買い物でも、ベビーカーで外に出るのは
時間は朝早い時間か夕方の日が沈んでからにしましょう

散歩なら早朝が空気もきれいですからオススメです。
 
 
また家から出るにしても、日陰を通るようにしましょう。

そして必ずドリンクを持っていき、まめに水分補給をしてあげましょう。
ドリンクも温かくならないように、カバーにいれておきましょう。

長く出る時にはクーラーボックスをベビーカーに積んで、水分が足りないことがないようにするぐらいでいいです。
 
 
 
あと赤ちゃんは汗をたくさんかきますから、背中にガーゼのハンカチを入れてあげて、おむつを交換する時などに新しいハンカチを入れてあげると汗疹にならないと思います。

汗疹でなくてもタオルや着替えも忘れずに持っていくの母親の役目です。


ベビーカーには保冷剤が必要だし、日よけや照り返し防止シートも!

幸い今は便利な暑さ対策のグッズが揃っています。

なんといっても、まずは保冷剤保冷シートをつけてあげましょう。

保冷シートはメッシュ素材だと風通しがよく快適なものや
柔らかいジェルで頭、背中、足などを冷やしてくれるものなど
いろいろありますから、活用しましょう。
 
 
それに小さな保冷剤を冷凍して予備用も持っていくのをおすすめします。
 
 
 
でも保冷剤だけで安心しないで油断は禁物です。

まず日差しを防がなくては、暑さだけでなく紫外線も対策が必要です。

ベビーカーの日よけは、全体を覆うタイプがオススメですが、少なくとも簡単なタイプでもとにかく日よけはつけてあげましょう。

体で日があたる部分にはタオルやハンカチをかけてあげたいですね。
 
 
 
あと地面からの照り返しを防ぐのは照り返し防止シートですね。

遮熱性試験では、使わないと50度以上になったのが、使うと25度くらいに保たれるという結果が出ています。

是非、赤ちゃんを暑さから守るために使用してあげましょう。

 
 
 
他には、ぬらすだけで涼しくなるネックウォーマーは、赤ちゃんだけでなくママにも好かれる物です。

まとめ

ベビーカーを夏に使う際の暑さ対策をご紹介しましたが、

どれだけあっても、赤ちゃんは何を起こすかわかりませんから

あまり長く太陽の下にはいないのが何よりだと思います。
 
 
どうぞ、赤ちゃんの体を考えて暑い夏を乗り切ってください。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です