市役所のお盆休みはいつ?営業時間は?職員は土曜日も届けは受け取る?

Pocket

今年は8月13日から16日がお盆休みとして連休になる会社が多いですね。

もっと長い9連休とか11連休なんて会社は羨ましいけど
私達が何かとお世話になる市役所はお盆休みはいつからいつまでなのでしょうか?


市役所はお盆休みでもやってる?

市役所はお盆休みというのはありません

お盆でも市役所はカレンダーどおりに窓口を開いていますから
住民票などいつものとおりもらったり、出したりできます。

2016年は、8月11日が山の日で祝日ですが、お盆が始まる13日は土曜日で
14日の日曜日までお休みで、15日からは平常通りに開いています。

さすが、住民のために開いている市役所ですから、お盆休みで開かないということはないのですね。

市役所の営業時間はお盆の時はいつからいつまで?

じゃあ、お盆の間は営業時間が午前中とか、3時までとか短いのかというと、それもありません。

9時から17時は基本的にどこの役所でも開いています。
さらに市役所によっては、朝は8時8時30分から始まったり
夜は17時30分までとか長い所では19時まで開いています。

もし自分の市の営業時間が他の市より短くて不満があるのなら
それを投書したりして、変えてもらうように努力をしましょう。


市役所は土曜日も開いている?日曜日は?

今年はお盆が始まるのが8月13日の土曜日ですが、
窓口は平日しか開いてないのかと思いませんか?

最近は市役所もサービスを向上させていますから
あなたの市は土曜日や日曜日も開いているかもしれません。
 
 
例えば、稲城市は第2日曜日と第4土曜日は休日開庁日にしてます。
ですから8月13日はお休みですが、8月14日は開いています。

開庁時間も午前8時30分から正午、午後1時から午後5時と通常どおりです。
ただし昼休み(正午から午後1時)は受け付けていません。
 
 
 
これだけサービスをする市もあれば、第4土曜日の正午までと
かなり限られた開庁時間の市もあります。

また、土日は全部お休みにしている市もあります。
 
 
ただし、婚姻届や離婚届、死亡届、出生届などは365日24時間受け付けをしています。

全国共通の用紙があり、宿直の職員がくれますし、届けも受けてくれます。

ただし、内容チェックなどはしませんから、不備があれば後で担当者から電話がかかってきて、間違いを直しにまた市役所に行かなければなりませんから、ご注意をしてください。

市役所の職員はお盆休みをいつ取るの?

市役所に休日は土日と祝日等とカレンダーどおりとなっていますから
市役所の職員がお盆休みを取るには自分の有給休暇を使って休むしかないです。
 
 
ただし夏季休暇というのがあり、5日から10日ぐらいを6月から9月の間ぐらいを連続して休めます。

10日のうち5日が夏季休暇で残りは有給休暇を使うなど運用はそれぞれの市で違います。
 
 
ただ、親方日の丸と言われてのんびり仕事をする公務員というイメージがあったのは昔のことで、最近は残業も多く、有給休暇の消化もままならない部署も多いそうです。

ですから、部署の人達と相談して、お互いに仕事をやって、休めるように工夫をしていますが、夏季休暇も名目上はあっても、取れずに終わってしまう人もいます。

まとめ

市役所はお盆の時も、若干職員が少ないかもしれないけど、
いつもどおりに開いていますから、

普段は仕事が忙しくてなかなかできない手続きなどを
しっかりするのには、お盆休みを使うといいですね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です