お盆のお墓参りの時期と服装は?マナーは?行けない場合は?

Pocket

お盆のお墓参りは、帰省をした時にする人が多いですね。

お盆休みは8月13日~16日とあるけれど、お墓参りはいつがいいのでしょうか?

お墓参りをするときは服装は正装でなくては失礼になるのだろうか?

お墓参りをするときのマナーって、何かあるのだろうか?

お墓参りをすることについて、お知らせします。


お盆のお墓参りに行く時期はいつからいつまで?

お盆の時期は8月13日から16日ですから、お盆のお墓参りとはこの4日間のうちにするのがいいですが、特に1日よいと言われる日は13日です。

13日はご先祖さまをお迎えする日ですから、この日にお墓参りをして、来ていただいたご先祖様に挨拶をするためです。

13日でなければ、送り火をする16日が、その次にお墓参りに行く時期として適しています。
 
 
とはいえ、それほどいつが駄目ということはなくて、13日から16日のお盆のうちにお墓参りをされるとありがたいです。

また、13日と16日と二度のお墓参りをされる方もいらっしゃいます。
なかなかできないことだと思いますが、ご先祖様を敬っているのですね。
 
 
 
そもそもお盆の期間が8月13日~16日というのは全国的にポピュラーですが、地域によっては7月13日からの所もありますし、8月22日頃からという所もあります。

そういうその地域のお盆の期間にお墓参りをすればよいですよね。

お盆のお墓参りで服装は正装?

お盆のお墓参りは暑い夏ですから、服装をどうするか考えますね。

できれば、ラフな服装で勘弁してほしいと思いますね。
 
 
幸いにもお墓参りの服装というのは、決まりはありません。

ですから、Tシャツに短パンという普段着でも責められることはありません。

ただ、あまり派手な服装や匂いの強い香水などは、お墓付近で他の遺族の方と会った時に顰蹙を買うことがありますから、気をつけてください。
 
 
 
ただし、新盆(初盆)のときだけは、亡くなった方が迎える初めてのお盆だということで、その方への礼儀として、法事をするのと同様に礼服を着ることが多いです。

そもそも新盆のときには法要をすることが多いですから、黒を基調とした喪服などを着ると思いますから、それをお墓参りでも使用すればよいのです。


お盆にお墓参りするのにマナーがありますか?

お盆でお墓参りをしてお供え物をどうするかなどマナーがあります。

1.墓石にお酒をかけてはいけない
ご先祖様がお酒が大好きだったからと、「飲んでください」と墓石にかける人がいます。ご先祖様が喜ぶかもしれませんが、墓石が汚れるだけでなく、傷めてしまいます。

また、衛生的にも避けるべきことですから、やめましょう。

2.墓石をたわしでこすらない
ご先祖様がいらっしゃるお墓ですから、きれいにしてあげたいと思うのは尊いですが、普通は手でこすります。あるいは、布でこすってもいいですが、汚れているからとたわしでこすると、墓石が傷がついてしまいます。

3.ろうそくや線香の火を口で吹き消さない
ご先祖様や仏様に供える火を消す時は、手で仰いで消すのがマナーです。人間の口で吹き消すことは、よくないことだと考えられています。

4.お供え物を持ち帰る
お供え物はご先祖様にあげた物ですが、そのまま置いていくと、犬・猫・カラスなどが食い散らしてしまうので、お墓の周りを汚くしてしまい迷惑になりますから、必ず持って帰るようにしましょう。

昔は土葬した後、お供え物をお墓に置いて帰っていました。鳥や動物が食べることは供養の一種と考えられていたのです。

もし、その風習が残っている場合は、お供え物を置いて帰りましょう。持ち帰ると「自分たちが食べたいから、ご先祖様の食べ物を持って帰る」などと非難されるといけないですから。

お盆にはお墓参りを行けない場合はどうしたらいいのでしょうか?

せっかくのお盆にお墓参りを行きたいと思っても、仕事が忙しかったり、遠方でなかなか行けないとか、できない方はいるでしょう。

お盆を逃したらご先祖様がお墓にいないから、お墓参りをしても意味がないと思うかもしれませんが、ご先祖様がいるかいないかにかかわらずご先祖様を敬うのが墓参りです。
 
 
 
ですから、お盆でなくてもお墓参りをすることは尊いことですから、できればお盆より前に行くことをオススメしますが、後でもかまいませんし、お正月に帰省をした時にお墓参りをしても、ご先祖様へは「あなた達を忘れてはいませんよ」と語ることはできます。

ただその旨を、実家に事情を話しておいた方がいいですし、お盆にはお供え物を送っておくのもすれば納得してくれるでしょう。

まとめ

お盆のお墓参りはすることは、先祖を大切にし、家族を大事にする日本にある美しい習慣ですから、できるだけ多くの人に行って欲しいです。

お盆というご先祖様が帰ってくる時期は必ずしも必須ではなく、そのご先祖様を尊び、敬い、迎えるという気持ちも持っていることが大事です。

お墓参りをしたら、マナーも守って気持ちいいお墓を大切にしましょうね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です