結納は地域が東北・関東・東海・北陸・関西・九州などそれぞれ

Pocket

結納は省略化したり、なくしたりするカップルも増えていますが
結納をすることで、両家の意思がしっかり固まる良さもあります。

結納は日本の伝統的な儀式ですが、その内容を見ると
地域でそれぞれにユニークな面もあります。

各地の結納のやり方を紹介しますので、あなたの地方でも
結納をする場合の参考にしてください。


結納は北海道は女性宅で?

北海道では結納品は9品が正式ですが、今の主流は7品です。

熨斗、結納金、寿留女、子生婦(こんぶ)、友白髪、末広、柳多留(酒樽)に目録を添えます。
9品の場合は、婚約指輪と鰹節を加えます。
 
 
男性側だけでなく、女性側も用意する場合は、女性側は控え目に用意したのを別室に置いておいて、男性に受け渡し書を渡したらもってきます。
 
 
 
結納金は50万円か100万円が多く、結納返しは女性からは時計やスーツを贈るのが一般的です。

結納は女性宅ですることが多いですから、祝膳もそのまま女性宅で食べることになります。

ホテルなどを利用する人達も増えていますが、その場合は料金は男性側から事前に渡しておいて、女性側で精算をするというのが多いです。

結納は東北では男女共に結納品を用意する

東北地方では結納の際には、9品の結納品を男女共が用意して交換をするのがしきたりです。

9品は長熨斗、結納金、寿留女、子生婦、友志良賀、末広、柳多留、勝鰹節に目録を添えます。
 
 
結納金は東北では平均104万円と高めですが、婚約指輪代も結納金に含める場合もありますから、一概には高いとは言えません。

結納お返しは、結納金の20%~30%ぐらいが目安で、現金で返すこともありますが、時計やスーツなどで返すことも多いです。
 
 
 
東北地方では女性宅で結納をするのはかなり減っていて、ホテルや結婚式場などで行って、そのままそこで祝膳を囲むことが多いです。

東北では、小さい時にお世話になった人も呼ぶなどの習慣もあり、参加する人数が多いことから、ホテルなどの料金は人数で頭割りして、それぞれで払うことが多いです。
 
 
通常は結納の場では桜湯を出すことが多いですが、桜は散ることから縁起が良くないとして東北地方では梅茶を出すこともあります。

結納は東京や首都圏を含む関東は現実的です

結納は正式には9品ですが、関東では7品や5品ですることが増えています。

富士宮などの地域では、結納品に鯛などを加えることもあります。

ただし3分の1の方は、結納金のみで結納品は省略されています。
 
 
東京を中心として現実的になっている結納金は平均金額は88万円ですが、女性側から半返しをされることを省略して、最初から半額を贈るのが一般的になっています。
 
 
 
女性宅で結納とその後の祝宴をするというのは住宅事情が難しくなって、ほとんどの場合は料亭やホテルで行われています。

祝宴の費用は、たいていは折半か人数で頭割りですが、一方が遠距離から来る場合は、招く方が費用は全額負担することも多いです。

結納は東海は華やかで品数が多いです

東海地方では結納品は7品ですが、婚約指輪と目録を足すと9品になります。

7品は、熨斗、結納金、寿留女、子生婦(こんぶ)、友白髪、末広、柳多留料です。

ただしこれに宝船や高砂人形などを添えたり、男性側から酒肴料、扇子なども持参し、女性側ではお神酒、鰹節や折詰、紅白の懐紙などを用意して迎えます。

結納品は、松竹梅お飾りがつくなど豪華にしてあることが多いです。
 
 
結納金はほとんどの方が現金で納めていて、金額は平均が93万円です。

頂いた結納品には豪華な結納飾りがついていますから、その一部を替えてお返しとして届けるか、女性側も結納飾りを用意してその日に交換するようにしています。
 
 
 
結納の後の祝宴は料亭で行わるのが多いです。

祝宴の費用は女性側が負担しますが、女性側からお返しをした日の祝宴は男性側が負担します。ですから、その日に交換する場合は費用も折半になります。


結納は北陸では県ごとにユニークなお土産を持参します

北陸の富山、石川、福井の3県はそれぞれ結納が違っています。

どちらの県も結納品以外に、家族の一人ひとりにお土産を持参するのが特徴です。

石川県では神に瓶子(へいじ)、仏前に線香とさらに高価なお土産を家族の全員がもっていきます。親戚に対してもお土産をもっていきます。

富山県では、石川県と同じだけではなく、両家で交換するまんじゅうも持参します。そのせいか、家族へのお土産は商品券や現金で代用することも流行っています。

福井県では、線香、沈香、ろうそくをご仏前に、そして家族へのお土産を持参することが多いです。
 
 
 
結納金は平均は103万円ですが、結納金なしですますことも増えています。

結納返しは、結納の当日に渡すことが多くなっています。
 
 
 
富山県では、結納の前に貰い受けという儀式をし、お酒を2升とネックレスなどと菓子折りを女性宅へ持っていく習慣があります。

結納返しは、最近では結婚式の1週間前にすることが増えています。
 
 
 
石川県では、たもと酒という儀式をし、お酒を1升と寿留女5枚を男性が持っていく風習があります。

結納返しは、結婚式の1週間前に新郎あてのお土産をつけて返します。
 
 
 
福井県では、結納返しは結婚式当日に仏壇まいりの時に行い、結納品の帯料をその1割程度の現金に替えて袴料として返します。

結納は関西では簡略化されて仲人はなしでする

関西地方では結納は7品か9品が基本ですが、5品ですることも稀ではありません。

関西では1品ごとに別の台に載せ、5品なら熨斗・鶴飾り、末広・亀飾り、結納金・松飾り、柳多留料・竹飾り、松魚料・梅飾りになります。

7品なら高砂人形と婚約指輪がつき、9品なら寿留女に子生婦がつきます。

目録は品数には入りません。
 
 
 
結納金はほとんどの人が贈っていて、金額も平均110万円と全国で一番高くなっています。結納返しも約8割の人が、現金が時計などの物で贈っています。

関西では仲人をたてることはほとんどなく、男性側が女性側の家を訪れて結納をして、同時に家を見てもらうことをしているのが多いです。
祝膳も、その家で仕出しを取ってすることになります。
 
 
ただし、ホテルなどを使うことも増えています。

結納は九州では11品目ですることが多い

九州地方では結納品は、9品あるいは11品でするのが主流です。

品目は地域によって変わりますが、ほとんどの場合なかなか枯れない茶の木は不老長寿を象徴するため茶を入れます。
また老夫婦を模した高砂人形もつくことも特徴です。
 
 
各県の特徴は、福岡県では生鯛の雄と雌、佐賀県は帯、山口県は結納金を小袖料でなく帯料として贈る。

同じ鯛を長崎県は御多栄、大分県は松魚料、熊本県は芽出鯛と呼びます。
 
 
結納金は平均90万円ですが、50万円か100万円が多いです。
しかし、最近では結納金なしのカップルも増えています。
 
 
 
九州では結納ならびにその後の祝膳を女性宅でするのが主流なのは全国でも一番です。

それでも、徐々にホテルや料亭でするカップルが増えています。

まとめ

結納は男性側が女性側の家を訪れてする儀式だったものが
だんだんとホテルや料亭を使うことが増えています。

そしてやる行事も簡略化されつつあり、シンプルで現実的になっています。

それでも、結納やそれに代わる食事会などは多くのカップルはしています。

やはり結婚式の前にある大事な行事でしょうね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です