ナシ婚で後悔をしないように、報告はしておこう。祝儀もありますから!

Pocket

ナシ婚が流行っていますが、結婚式をしないことを後悔する人が多いです。

結婚式・披露宴はしなくても、満足できるのはその時だけでなく
時がたっても満足できるものにしましょう。

それには、どうしたらいいでしょうか?


ナシ婚をして後悔することがないように!

ナシ婚とは単なる同棲とは違う点は唯一婚姻届けを出すことです。

ただの紙切れ一枚の婚姻届けですが、その意味は大きいですから
ナシ婚の方にでも、結婚おめでとう!は言いたいですね。
 
 
でも、本当に婚姻届けだけのナシ婚でいいのでしょうか?

ナシ婚とは、

 披露宴を多額のお金をかけて多くの招待客を呼んでする

のをしないことが大事なことで必ずしも、
婚姻届け以外も何もするべきではないのではありません。
 
 
 
入籍だけのナシ婚でも、二人にとっては大事な結婚記念日です。
二人にとっては一生の思い出になるのではないでしょうか?

そうだったら、盛大な披露宴は意味はないとしても
ささやかなことでも、真心のこもったことをするのがいいと思います。
 
 
 
婚姻届けには保証人が必要です。

その保証人に立ち会ってもらって、記念写真を撮るだけでも形は残ります。
 
 
ちょっと高いレストランに行って二人でディナーを楽しむのもいいですね。

結婚指輪を贈るのも嬉しいし、永く残ります
 
 
 
まして、女性はウェディングドレスを一度は着たいと思っていることが多いです。

ですから、ドレスを来て、夫と一緒に写真を撮るのもとてもいい思い出になります。
あるいは、披露宴はしなくても、結婚式だけをするのもありです。

披露宴のように凝った演出は少ない結婚式は、時間も短いし、お金をさほどかかりません。
しかも、厳かな雰囲気が溢れています、人生のけじめとしてぴったりです。
 
 
 
そんな写真などがあれば、将来子供に二人が一緒になった時のことを話しやすくなり、ナシ婚でも二人がスタートした時だとわかってくれます。

ナシ婚であっても結婚したことの報告はしましょうね

ナシ婚をただ婚姻届けを出すだけにしないほうがいいと言ったのは
自分たちのいい思い出にするためだというだけではありません。

結婚をするということは、お互いに相手の家族や親戚と
これから縁ができる
のです。
 
 
 
親族を招いて食事会でも行えばそれで皆と会って話ができますが
それもできないナシ婚の場合もありますね。

そのままでは、ついに二人の結婚を知らないままになった親戚が、いい気がするでしょうか?

世間知らずの非常識な嫁だ、婿だと思われてしまいます。
 
 
 
大人のルールとして、お世話になった方々、あるいはこれから親戚になる方々に
結婚をしたというのをお知らせするのが当然なのです。

ですから、これから良い人間関係を築くためにも結婚をお知らせする挨拶状を送りましょう。
 
 
 
挨拶状はそれほど難しいものではありません。

二人の写真、いつ結婚をしたかということ、そして新住所と電話番号を書けばよいのです。

もちろん、2,3行程度でもメッセージを書けば、より二人を理解してくれます。


ナシ婚でもご祝儀はもらうことがありますからお返しを!

一般的には披露宴にご祝儀を持ってきてくれますが、ナシ婚の場合は
とうぜん披露宴がないから、そういう機会がなくなります。

それでも、友達は自分が披露宴に招待すればご祝儀を持ってきてくれますから
ナシ婚でも結婚をしたのだから、ご祝儀をくれるでしょう。

そもそもご祝儀は披露宴の会費・食事代のように思われたりしますが
そうではなくて、結婚を祝うお金です。

ですから、ナシ婚でもご祝儀がもらえて当然なのです。
 
 
 
しかし、現実には多くの方が

  「ナシ婚=披露宴がない=ご祝儀は不要

誤った理解をしていることもあります。
 
 
 
あるいは、そもそもナシ婚をしたけれど、入籍した(結婚した)ことを
明確に伝えていないため、いつご祝儀を渡すか戸惑っているのかもしれません。

ですから、友達や親戚などが、ある日に突然ご祝儀をくれたりします。
 
 
 
 
上で書いた挨拶状の大切さはここでもあります。

挨拶状で、はっきりと「自分が結婚をしました」と伝えることで
気持ちのある方は、1週間~2週間程度のうちには
ご祝儀をくださるでしょう。

もし、挨拶状を出さないと、それこそ結婚して1年後にご祝儀が来て
結婚内祝いの贈り物をあわてて用意することになります。
 
 
 
ナシ婚でも、ご祝儀をもらったら、その金額の1/3から半額を
目安にして結婚内祝いを贈るのがマナーです。

式をあげないからといって、ご祝儀をいただいてもお返しをしないと
礼儀を知らない嫁や婿と言われて、親戚から白い目で見られてしまいます。

まとめ

ナシ婚自体は婚姻届けを出すだけでできますから簡単ですが

本当に満足できるナシ婚にするのは、案外しなければならないことがあります。

それは結婚というのは、新しい人間関係を作るものですから
マナーや礼儀をわきまえていないと難しいものがあります。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です